閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【寝かせてモチモチ! 玄米の簡単一汁一菜】

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【寝かせてモチモチ! 玄米の簡単一汁一菜】の写真
栄養がたっぷりの玄米だけど、硬い食感が苦手な人もいるのではないでしょうか。小豆と一緒に炊いた玄米を、数日間適切な温度で保温して寝かせると、モチモチ感がアップするうえ、小豆の風味でより食べやすくなるなどうれしいことばかりです。寝かせた玄米をつかった忙しい朝にぴったりの簡単一汁一菜レシピをご紹介します。

日ごとに味わいが増す! 寝かせた玄米

酵素玄米
玄米は、炊いた後に保温状態を保つことで、日ごとに味わいが増していきます。寝かせることで食感が変わっていきますが、炊いた当日から食べることは可能です。常に保温しているので、急いでいる時もサッと食べられる、とても便利なご飯です。

寝かせた玄米

酵素玄米

材料(4合分)

A
玄米 4合
乾燥小豆 大さじ1

塩 大さじ1
水 1,000 ml

※塩はおむすびなどに適した量です。通常の白米感覚で食べる場合は、小さじ1がおススメです。

作り方

酵素玄米
1.Aをボウルに入れる
酵素玄米
2.玄米や小豆の表面に傷がつくくらい強く研ぐ
酵素玄米
3.適量の塩と、水を加えて炊飯し、3-5日間ほど73度以上で保温する

※保温中は1日に1回もしくは2日に1回程度清潔なしゃもじで混ぜる。
※味や匂いに異変を感じる場合は食べないようにしてください。
酵素玄米
<ポイント>
今回は玄米用の炊飯器を使用しましたが、お持ちの炊飯器に玄米用の炊飯機能がない場合は、前日から1晩浸水させて炊きましょう。

入れるだけ、漬けるだけの手間なしみそ汁&ピクルス

みそ汁は具材を切ったりせずに入れるだけ。ピクルスは漬けておけばいつでも食べられるという、忙しい朝にうれしい2品をご紹介します。

菊芋とのりとかつお節のみそ汁


乾燥野菜とのりに出汁となるかつお節を入れるだけの簡単みそ汁。特に今回使用した菊芋は栄養が豊富なので、みそ汁の具材としておススメです。
菊芋とのりとかつお節のみそ汁

材料(4杯分)

A
水 1,200ml
かつお節(細かいもの)5g
乾燥野菜 5g前後(今回は菊芋を使用)

米みそ 60g~お好み
乾燥のり 4つまみ

作り方

1.Aを鍋に入れ、弱火で5分程火にかける
2.1のかつお節が沈んだら、米みそをこし器でこしながら入れる
3.器に入れた後、乾燥のりをひとつまみずつ加える

ピンクのピクルス


野菜を足したい時は、ピクルス。保存袋で漬けておくだけで、1週間程日持ちする、重宝食材です。
ピンクのピクルス

材料(4人分)

A
濃縮甘酒 150g
塩こうじ 50g
紅芯大根 500g

B
紫玉ねぎ 1個
みょうが 2個
すし酢 100g
アマニ油 大さじ1
ローリエ 1枚
ピンクペッパー 6粒

下準備

大根はスライサーでごく薄めの輪切りにする。
紫玉ねぎも同様にスライスし、たっぷりの水で5分さらした後、水気をよく切る。

作り方

1.AとBをそれぞれ袋に入れて優しくもみ込む
2.なじんでやわらかくなったら空気を抜くようにしながら袋に封をする
3.数時間で食べらるが、1晩程冷蔵庫に置く
食べる際に清潔な箸で取り出し、空気を抜くように保存していれば、1週間ほど日持ちします。
手軽に栄養がとれる一汁一菜
「小豆が入っていることで食感に違いが出るし、塩加減が絶妙でとてもおいしい!」と感想を言っていたまりあさん。自分や家族の健康のために、玄米をおいしくいただける寝かせた玄米には興味津々でした。手軽に栄養がとれる一汁一菜は忙しい朝の味方です。

発酵暮らし家・料理家:みつはしあやこさん

http://mitsuhashiayako.com/(外部リンク)
14年の醸し生活で発酵させた食材は100種類以上。その組み合わせの発想力とエシカルなスタイリングに定評があり、商品開発のレシピ監修、レシピ提供、ケータリングなど企業から行政まで幅広く、実績多数。『ELLE gourmet』、『VERY』など雑誌でも活躍。現在、神奈川県庁ME-BYO(未病)スタイルアンバサダーも務める。 日々の暮らしでは「台所育児」をモットーに4人の子どもとさまざまな発酵を挑戦、実験中。
著書に「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」(主婦の友社)。

エールマーケットで購入できます!

自然農法の玄米
自然農法の玄米
八ヶ岳南山麓にて自然農法で育てられた玄米。料理監修のみつはしさんより「玄米特有の匂いがなく、もちもちして食べやすい」とコメントをいただきました。

無農薬の菊芋チップス
無農薬の菊芋チップス
汁物の具材として使用したのは、淡路島の無農薬で育てられた菊芋チップス。このままおやつにしても、料理にしてもいただけます。

有明海苔 紫彩
有明海苔 紫彩
以前のレシピ記事でも紹介した有明産ののり「紫彩」。「一番摘みのり」を使用しているため、食感がよく、おにぎりにもパスタにもアレンジができます。

MARUWAN
MARUWAN
汁物をいれるのに重宝する漆器。以前まりあさんが対談した伝統工芸士佐藤公さんの作品です。持ちやすく熱も伝わりづらいので料理の取り分けなど、さまざまな用途で使えます。

エルマスタイルの他の記事はこちら

エルマスタイル

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。