エルマの読みもの

神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【愛情たっぷり 一汁一菜で作る鮭レシピ】

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【愛情たっぷり 一汁一菜で作る鮭レシピ】の写真

神山まりあさんが意識していること、それは日々の食事で健康に!

家族の健康を考えて、毎日の食事にいつも気をつかっているまりあさん。サプリメントなどに頼らず、「食事から健康を」をモットーにしているそうです。

そんなまりあさんが、前から気になっていたのが「一汁一菜」レシピ。

今回は、「一汁一菜」の大切さを唱えて和専門の料理教室を開いている、みつはしあやこさんに、今が旬の三陸の銀鮭を使って、簡単でおいしい、栄養たっぷりの一汁一菜レシピを教えてもらいました。

栄養たっぷり一汁一菜レシピ

一汁一菜は、古くからバランスのとれた献立と言われ、「汁」はみそ汁、「菜」はおかずを指し、主食のごはんやお漬け物などが付いた和食の原点とも言われています。
家族の健康を考えて、今回習ったおいしくいただける一汁一菜レシピを主人や息子に振る舞いたいと思います。

鮭のおろしきゅうり旨ダレのせ

材料 4人前(所要時間:20分)

銀鮭 400g
甘酒 濃縮タイプ 大さじ4
しょうゆ 小さじ4

(旨ダレ)
きゅうり 2本
大葉 2枚
みょうが 1個

A
みりん 大さじ1
とろろ昆布 3g
練り梅 25g

作り方

① 鮭は食べやすい大きさに切る。
② フライパンに、甘酒としょうゆと鮭を入れて、ふたをして5分蒸し、皿に盛る。
③ きゅうりはおろし金でおろし、大葉とみょうがはみじん切りにして、ボウルに入れる。
④ Aを③に加え、混ぜ合わせる。

きゅうりの旨ダレを鮭にのせて出来上がり。

みょうがや大葉は、量を増やすことで大人好みの味わいになります。表記の分量で作ると、お子様でもさっぱりといただけます。

根菜たっぷりのみそ汁の作り方

材料(4人分)
レンコン 1/4本
ごぼう 14g

A
大根 60g
しいたけ 1枚
マイタケ 1/4パック
人参 1/4本

B
水 600ml
押し麦 大さじ3

C
練りごま 大さじ3
みそ 45g

① レンコンとごぼうはよく洗い、7ミリ程の長さの切り水にさらす。
② Aを大きめのさいの目切りにする。
③ 2とBを鍋に入れて中火にかけ、アクを取りながらすべての具材に火が通るまで煮る。
④ 火を止めてCを加え、よく溶かす。おわんに盛る。

根菜のほか、旬の野菜でおみそ汁で作ってもよいと思います。前夜から鮭に甘酒をからめておくと、うま味とコクが加わります。照り焼きに甘酒、汁に練りごま、ごはんにソバの実など、栄養たっぷりの一汁一菜をメニューをご家庭でもお試しください。(みつはしさん)

一汁一菜レシピには、たくさんの愛情と栄養が入っています。
ぜひ、ご家族やご自身の健康のために、おいしくいただける一汁一菜レシピを試してみてください。

料理監修:みつはしあやこさん

http://mitsuhashiayako.com/(外部リンク)
食の心持ちを子供自らが育む集いの場「和食育こころ」主宰。

よこはま100人のひとしずく 手前味噌プロジェクト、神奈川県庁ME-BYO(未病)スタイルアンバサダー、企業のレシピ開発などで活躍。また近年は、県や市などから食に関する講演依頼を受けるなど、多岐にわたり、食の大切さを伝える活動を行っている。企業や個人からのケータリングなども請け負っている。

著書に「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」(主婦の友社)。