人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

太陽の恵みを食べよう!
食欲そそる、ナスとコーンの夏野菜レシピ

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
太陽の恵みを食べよう!<br>食欲そそる、ナスとコーンの夏野菜レシピの写真

太陽の光をたっぷり浴びて、本格的に味わいが増す夏野菜。旬の野菜は体に優しく、積極的に食べたい食材です。今回は、夏野菜の代表格、ナスやコーン、オクラなどを使った食欲増進レシピをご紹介します。彩りも豊かなので、食卓が華やぎます。

ジュワッと広がるうまみ!
揚げナスとアジのおろし玉ねぎソースがけ

揚げナスとアジのおろし玉ねぎソースがけ

ナスは、6月から9月くらいが旬の野菜です。丸いもの、長いもの、紫色、白色など種類がとても多く、和洋中さまざまな料理で活躍しています。

また、ナスは、揚げても、焼いても、炒めても良し、の使いやすい野菜です。油との相性が良く、味の染み込みも良いのが特徴です。だし汁やソースと合わせると、口の中でうまみとみずみずしさがジュワッと広がり、さらにおいしいです。

今回は、そのような特徴のナスを、外はカリッと、中はトロッとした揚げナスにし、夏が旬のアジと合わせて特製の玉ねぎソースをかけた、ごはんが進むおかずに仕上げました。大分県産の有機栽培のナスを使っています。

材料(2人分)

  • ・ナス 中2本
    ・アジ 3枚におろしたもの 2匹分
    ・ししとう または 万願寺唐辛子 6本
    ・ミニトマト 6個
    ・玉ねぎ 中1/2個
    ・青じそ 5枚
    ・しょうが 1片
  • ・片栗粉 1/2カップ
    ・だし汁 100ml
    ・醤油(しょうゆ) 大さじ2
    ・純米酢 大さじ2
    ・ごま油 小さじ1
    ・米油 適量

作り方

野菜の準備をする。ナスを4cm程度の大きめの乱切り、ししとうは茎を切り落とし、しょうがを千切りにする
1.野菜の準備をする。ナスを4cm程度の大きめの乱切り、ししとうは茎だけを切り落とし、しょうが、飾り用の青じそ3枚を千切りにする。ソース用の青じそ2枚をみじん切りにする。
ソースを作る。ボールに玉ねぎをすりおろし、だし汁、醤油、米酢、ごま油、青じそ2枚分のみじん切りを混ぜる。
2.ソースを作る。ボールに玉ねぎをすりおろし、だし汁、醤油、米酢、ごま油、青じそ2枚分のみじん切りを混ぜる。
ナスとアジに軽く片栗粉をまぶし、余計な粉をはたく
3.ナスとアジに軽く片栗粉をまぶし、余計な粉をはたく。
ナスを揚げる
4.先にナスを170度くらいの油*で揚げる。外側が少し色づく程度になったら、油から取り出す。
*油の温度は、箸を縦に入れて、細かい泡がまっすぐ出てくるのが目安
ミニトマトとししとうをさっと揚げる
6.次に、ミニトマトとししとうをさっと揚げる。
最後に、アジを少し色づく程度に揚げる
5.油にカスが出たらすくってきれいにして、最後に、アジを少し色づく程度に揚げる。
揚げた野菜を熱いうちに皿に盛り、1のソースをかけ、揚げたナスとアジを皿に盛りつけ、刻んだ青じそとしょうがを乗せたらできあがり
7.揚げた野菜を熱いうちに皿に盛り、1のソースをかけ、揚げたナスとアジを皿に盛りつけ、刻んだ青じそとしょうがを乗せたらできあがり。


<レシピのポイント>

このレシピのポイントは2つです。

1つめは、揚げる時です。ナスは油をよく吸うので、揚げる前に片栗粉をまぶしましょう。片栗粉がない場合は、小麦粉や米粉でも大丈夫です。
また、揚げすぎると、皮の部分が硬くなるので、中の白い部分にほんのり色がついたくらいが取り上げるタイミングです。ししとうとミニトマトは、弾けやすいので、揚げすぎないように注意しましょう。

2つめは、おろし玉ねぎです。生の玉ねぎをそのまま使うので、玉ねぎ本来の辛みがあります。辛みが苦手な方は、ソースを作って30分程度寝かせると落ち着きます。揚げたナスを入れてから寝かせても良いです。

熱々でも、常温でも、冷めてもおいしいレシピなので、常備菜にしやすく、あらかじめ作っておけば、もう一品欲しい時にも便利です。



芯のうまみも逃がさない! 甘くて、シャキシャキ
まるごと1本とうもろこしの玄米ごはん

まるごと1本とうもろこしの玄米ごはん

とうもろこしは、6月から9月中旬くらいが旬の野菜です。現在は甘いコーンが好まれる傾向にありますが、昔ながらの「もちとうきび」など、かつては甘くないものが主流でした。収穫してから日を増すごとに、味や甘さが落ちるので、なるべく新鮮なものを選びましょう。

また、とうもろこしは、甘くて新鮮なものは生でも食べられますが、焼いたり、蒸したり、ゆでたり、加熱すると、甘さや香りが豊かになります。
今回は、とうもろこしの芯からも出汁をとり、まるごと1本のうまみを閉じ込めたとうもろこしごはんにしました。熊本県阿蘇産の、農薬を使用していないとうもろこしと、同じく阿蘇産の「合鴨農法で育てたおいしいお米」を使っています。

材料(2~4人分)

  • ・とうもろこし 1本
    ・玄米 1合
    ・白米 2合
  • ・水 650ml
    ・天日塩 小さじ1

作り方

玄米と白米を研いで1時間ほど炊飯器で、水に漬ける
1.玄米と白米を研いで1〜2時間ほど炊飯器で、水に漬ける
とうもろこしの皮をむき、実をそぐ。芯も捨てずにとっておく。
2.とうもろこしの皮をむき、極力芯の方に包丁の歯を寄せる感じに実をそぐ(時間がある方は、手で実をもいだ方が奥の胚芽(はいが)まで取れます)。芯も捨てずにとっておく。
とうもろこしの実と芯を炊飯器に入れ、通常モードで炊く
3.とうもろこしの実と芯を炊飯器に入れ、通常モードで炊く。
炊き上がったら、15分ほど蒸らし、芯を取り出す。コーンとごはんが均等になるように混ぜる
4. 炊き上がったら、15分ほど蒸らし、芯を取り出す。コーンとごはんが均等になるように混ぜる。
茶わんに盛ったらできあがり
5.茶わんに盛ったらできあがり。


<レシピのポイント>

このレシピのポイントは2つです。

1つめは、実のしっかり詰まっていそうな新鮮なとうもろこしを選ぶこと。外側の皮が水分を保っているのが良いです。

2つめは、玄米と白米を合わせますが、水の量は、コーンからも水分が出ますので、白米を炊く時と同じで大丈夫です。

とうもろこしが新鮮で、ヒゲが黒くなっていない箇所は、スープや炒めものに使えます。

ごはんがあまったら、おにぎりにして、醤油をつけて焼きおにぎりにしても、とてもおいしいです。とうもろこしと玄米の香ばしさが増します。また、今回メインで作った玉ねぎソースをかけてもまた違ったおいしさが楽しめます。



さっぱりスッキリ夏仕様!
オクラとミョウガの甘酒梅ドレサラダ

オクラとミョウガの甘酒梅ドレサラダ

オクラは、6月から8月くらいが旬の野菜です。最近では、トゲや角のない丸オクラや、紫色のものなど種類が増えてきています。

また、オクラは、火を通しても、生でも食べやすく、ネバネバさが特徴です。生のまま食べる時は、薄く切ると食べやすくなります。小さいサイズは、丸かじりでもおいしいです。ねばりがありながら、歯ざわりが心地よい食感が楽しめます。オクラと醤油と酢を混ぜるだけでも簡単な副菜になります。

オクラには、薄い黄色の大きなきれいな花が咲きます。この花も食べられます。ちなみに、一般のものとは別に「花オクラ」と呼ばれる種類もあります。

今回は、生のオクラと香り豊かでシャキシャキのミョウガを組み合わせて、暑い時でもさっぱりと食べられる夏仕様のサラダを作りました。大分県産の有機栽培のオクラ、ミョウガ、塩としそで漬けた昔ながらの「すっぱい梅干し」を使っています。

材料(2人前)

  • ・オクラ 4本
    ・ミョウガ 2個
    ・梅干し 1個
    ・かつお節 ひとつまみ
  • ・有機甘酒 大さじ1
    ・しょうが 小さじ1/2
    ・薄口醤油(しょうゆ)小さじ1/2

作り方

オクラとミョウガを3cm程度の同じくらいのサイズで薄切りにする
1.オクラとミョウガを3cm程度の同じくらいのサイズで薄切りにする。
飾り用に青じそを千切りにする
2.飾り用に青じそを千切りにする。
ドレッシングを合わせるため、梅をつぶし、軽く刻む。しょうがをすりおろす
3.ドレッシングを合わせるため、梅をつぶし、軽く刻む。しょうがをすりおろす。
小さなボールに、3の梅としょうが、有機甘酒、薄口しょうゆをいれ、よく混ぜる
4.小さなボールに、3の梅としょうが、有機甘酒、薄口しょうゆをいれ、よく混ぜる。
1の刻んだ野菜と4のソースを和えて、皿に盛り、かつお節を乗せたらできあがり
5.1の刻んだ野菜と4のソースを和えて、皿に盛り、かつお節を乗せたらできあがり。


<レシピのポイント>

このレシピのポイントは2つです。

1つめは、新鮮でおいしいオクラを選ぶこと。あまり大きすぎず、ヘタの部分が黒く変色していないもの、角がしっかりしているもの(丸オクラの時は例外)を選びましょう。

2つめは、甘酒を入れること。そうすることで、梅干しの塩味と酸味のバランスを整え、味が丸くおさまります。甘酒がない場合は、ひとつまみのきび砂糖などでも合うと思います。

Message

「旬を楽しむと毎日の食が楽しくなります」


今回は、夏野菜をふんだんに使ったレシピをご紹介しました。スパイスや香味野菜、梅などの酸味があるものと野菜を組み合わせると、暑い時期にぴったりな季節感のある一品に仕上がります。

旬のものは、その時期、私たちの体が必要としている成分や味わいを持っています。普段の買い物の際に、ぜひ、野菜の旬を意識してみてくださいね。

今回使ったナス、オクラ、ミョウガ、青じそは、農園てとてさんの有機野菜です。

エールマーケットに記事掲載中の「有機農家 農園てとてさん」の「季節の有機野菜おまかせセット」に、7月から11月くらいまで、ナスが入っています。(野菜の生育や天候状況によって多少内容が変わることもあります)ぜひ、ジューシーで新鮮なナスをどうぞ。

料理家プロフィール

横山 亜紀 さん

横山亜紀

オーガニック食 料理家 / ウェブデザイナー

デザイナーでありつつ、有機野菜、オーガニック食材を使う料理家。有機農家さんを訪ね、各地のおいしい有機食材を探しています。オーガニック食材専門店 Be Organic Marketの店主(現在ネット販売)。デザインセンスを料理の色や盛りつけにも生かしている。Cleval Inc. 代表取締役。

Be Organic Market (外部リンク)
Have a good recipe!(外部リンク)



オーガニック・キッチンの他の記事や関連特集を見る

オーガニック・キッチン from エールマーケット TOPへ


オーガニック・キッチンの他のレシピを⾒る

ズッキーニのはさみ揚げ
ズッキーニのはさみ揚げ
枝豆ジュレのせ 冷やし茶わん蒸し
枝豆ジュレのせ 冷やし茶わん蒸し
ズッキーニの有機塩麹サルサソース
ズッキーニの有機塩麹サルサソース

すべての商品を閲覧履歴から削除しますか?

この商品を閲覧履歴から削除しますか?

この商品をお気に入りから削除しますか?

お気に入りに追加しました お気に入り一覧をみる 今後、このメッセージを表示しない

この商品はすでにお気に入りに
登録されています お気に入り一覧をみる

お気に入りは60件以上追加できません 新たにお気に入りを追加する場合は、
すでに登録されているお気に入りを
削除してください
お気に入り一覧をみる

お気に入りに追加するには、
Yahoo! JAPAN IDで
ログインしてください ログインする

お気に入りから削除するには、
Yahoo! JAPAN IDで
ログインしてください ログインする

システムエラーが発生しました
しばらく待ってからもう一度お試しください

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。