人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

逢いに行くラジオ東北8月3週

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
逢いに行くラジオ東北8月3週の写真

逢いに行くラジオ東北。今週の大きなテーマは2つ。
前半は、先週に続き8月のテーマである福島の桃について。今週も、日替わりで桃情報をご紹介しました。後半は、石巻地方の方々に、逢いに行きたくなるお話を伺いました。


(以下ラジオより一部抜粋)
福島の桃について。月曜日の真野さんからは、スイーツ列車「フルーティアふくしま」の情報が届きました。

「逢いに行くラジオ東北」コーナーの後半では、宮城県石巻市のみなさんと電話をつないで石巻の魅力を伝えていただきました。


月曜日は、石巻コミュニティ放送株式会社専務取締役 高須賀精一郎さん。火曜日は、石巻「和食屋いまむら」の店主 今村正輝さん。水曜日は、「石巻うまいものマルシェ」の千葉栄美さん。そして木曜日は、創業150年の老舗「かめ七呉服店」の米倉絹枝さん。
・・・
続きは動画再生ボタンを押し、音声でお楽しみください。

Amanekチャンネル

<関連リンク>

ラジオ石巻(外部リンク)
「むすぶ・つなぐ・地域の輪」をスローガンに掲げ、石巻市、東松島市を放送エリアとする市民参加型の地域コミュニティFMラジオとして、地域に密着した番組、情報を中心に放送して信頼され、親しまれるラジオ局を目指す。

四季彩食いまむら(外部リンク)
震災ボランティアとして訪れた今村さんが、宮城県石巻に和食店を開いたのは2014年。今や『ミシュランガイド宮城2017特別版』にも掲載されるほどの人気店。地元の食材や味にもこだわった料理や料理に合うよう吟味された地酒を楽しめる。

うまいものマルシェ(外部リンク)
日本中に、世界中に石巻の味を知って頂き、食べて頂き、喜んで頂きたい。うまいものマルシェは、その想いから、東日本大震災をきっかけに、石巻で食に携わる十社が、手を取り合い立ち上げた「石巻うまいもの株式会社」が運営するアンテナ・セレクトショップ。石巻ASATTEにて営業している。

かめ七呉服屋(外部リンク)
東日本大震災の影響で、一時は店舗の再開を諦めたものの、ボランティアやお客様、周囲の支えにより営業を再開。店主が青春時代に愛読・収集した1970~80年代の雑誌を媒体に、地域住民とボランティア、そして全国から訪れる皆さまが交流するコミュニティカフェとして、石巻の復興コミュニティ拠点にもなった。現在は、再開発の影響で、仮店舗にて営業している。

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。