閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

逢いに行くラジオ東北8月4週

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
逢いに行くラジオ東北8月4週の写真

逢いに行くラジオ東北。今週の大きなテーマは2つ。
前半は、先週に続き8月のテーマである福島の桃について。今週も、日替わりで桃情報をご紹介しました。後半は、石巻・女川地域で開催中のReborn-Art Festival 2017などのお話を伺いました。


(以下ラジオより一部抜粋)
今週はナビゲーターからオススメの桃を紹介がありました。
月曜日の真野さんからは"甘すぎる"という意見が出たほど高糖度の「桃水」とタイ国王室にも献上された「光月」のセット「桃水&光月」。
火曜日の沖津さんからは、9月後半から10月においしさのピークを迎える菱沼さんの「さくら白桃秀品」。
水曜日の小川さんからは、福島県産の白桃をふんだんに使ったふくしまの桃ゼリー。
木曜日の茂木さんからは、皮をむいて食した後でも香りの余韻を感じられる「桃紅(とうこう)」
金曜日中西さんからは、トロピカルフルーツを連想させる濃厚な甘さと香りミスピーチ「黄金桃」をおすすめしました。


「逢いに行くラジオ東北」コーナーの後半では石巻、女川地域で9月10日まで開催されている「リボーンアート・フェスティバル2017」(以下RAF)に関連する方々と電話をつなぎました。
月曜日は、石巻2.0というNPOの代表で、RAFの運営を行っている松村豪太さん。
火曜日は、RAFのスタッフ 鈴木茜さん。
水曜日は、RAFに参加しているアーティスト「キュンチョメ」。
そして木曜日は、宮城県女川町にある「ホテル・エルファロ=女川トレーラーハウス宿泊村」のおかみ、佐々木里子さん。
・・・
続きは動画再生ボタンを押し、音声でお楽しみください。

Amanekチャンネル

<関連リンク>

ISHINOMAKI 2.0(外部リンク)
世界で一番面白い街を作ろう. 石巻をバージョンアップしたい。 震災の前の街に戻すのではなく、新しい未来を作りたい。 被災した店の二階に集まった有志たちの思いから、 誕生したNPO。代表理事の松村さんはReborn-Art Festival 2017の事務局長をつとめる。

一般社団法人リボーンアート・フェスティバル(外部リンク)
Reborn-Art Festival を運営する一般社団法人。Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しい祭り。石巻中心市街地と牡鹿半島にて、国内外の現代アーティストたちの作り上げた作品が地元の方々の協力のもと展示され、さまざまなスタイルの音楽イベントが開催され、さらには、石巻を含む東北のシェフのみならず、国内外の有名シェフたちによる地元の食材を使ったここでしか味わえない食事をいただくことができる。

キュンチョメ(外部リンク)
Reborn-Art Festival 2017に出展するアーティスト。2011年から活動している男女のアートユニットで、メンバーはホンマエリとナブチ。国内外のシリアスな現場に詩的な行動やユーモアで切り込み、加害者と被害者、当事者と非当事者の境界を曖昧にしていく作品を制作している。

ホテル・エルファロ(外部リンク)
女川で30年以上旅館業を営んできた被災事業者4社が集まり協同組合という形で2011年にオープンしたホテル。震災により町の8割が壊滅的な被害を受け、建築制限が厳しかった女川町で、トレーラーハウスを設置するカタチでオープン。土地の契約が満期になったことから大移動、2017年8月に女川駅前にてオープンした。

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。