閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

全国新酒鑑評会で史上初の金賞受賞数
7年連続日本一を達成した「ふくしまの酒」とは?

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
全国新酒鑑評会で史上初の金賞受賞数<br>7年連続日本一を達成した「ふくしまの酒」とは?の写真

昨年、福島県の日本酒は「全国新酒鑑評会」において、史上初の 7年連続金賞受賞数日本一を達成しました。
この全国新酒鑑評会は100年以上の歴史をもつ国内最大規模の日本酒の審査会で、酒造技術の向上に資するため行われています。全国多くの蔵元から出品され、その中から特に優れたものが金賞酒として選ばれるという仕組みです。


さて福島県で金賞酒に選ばれたのは22銘柄。次点が秋田県の18銘柄なので、いかに高い品質の日本酒が福島で生産されているかを示しています。
なぜ史上初の金賞受賞数7年連続日本一という偉業を達成できたのか? 今回はその秘密の一部に迫りたいと思います。


実は、金賞受賞数が「ゼロ」だった福島県

実は、1980年代までの福島県では、酒造りを支える杜氏(とうじ)たちが技術を交流させるようなことはほとんどなく、それぞれの酒蔵の技術は門外不出として閉ざされていたといわれています。
福島県は寒冷な気候で、米どころ、また水もおいしく、古くから酒造りの素地があったというのに、1980年代の鑑評会ではなかなか結果が出ず、金賞を受賞する蔵元が無かったという年もあり、このような状況に強い危機感が生まれたのです。

県と蔵元が一丸となった「ふくしまプライド。」とは?

この強い危機感から、1992年に福島県では醸造技術の向上を目指して、県清酒アカデミー職業能力開発校が開設されました。県内の杜氏たちが集い、それまで門外不出とされていた各蔵の技術が共有されることで、福島県の醸造技術は格段に向上していきました。このような取り組みなどを通して県の情熱と造り手の思いが一体となる動きが加速し、今日では「ふくしまの酒」は国内外で高く評価される日本酒となりました。
ところで、この開発校の設立は期待以上の効果をもたらしました。それはさまざまな酒蔵の杜氏が交流する場が生まれたということです。

蔵同士の交流と情報交換からうまれた新たなイノベーション

共に学ぶ杜氏たちは、それぞれ大切な仲間でありつつも互いに存在を意識し続ける関係です。お互いに得た情報の共有や交換が進むだけでなく、お互いの酒をきき酒し合って、そして評価し合おうという流れが生まれました。これにより、さらに一層高い水準に全体を押し上げたといっても過言ではないと思います。
最高の仲間が最高のライバル。
仲間意識が和をもって醸成され、その中で切磋琢磨(せっさたくま)が生まれ、各蔵が良酒を生み出そうと高みを追求し続けているというわけです。

ここに通う杜氏たちは言います。
「年齢や地域を越えた交流もあり、他の酒蔵との交流が進む。」「酒の業界で仲間ができたということが一番の励みになる。」「酒蔵を越えて困ったことは相談できるようになった。」このように縦と横のつながりが「ふくしまの酒」をより一層進化させているのです。

「和醸良酒」そんな言葉が、日本酒の酒造りにはあります。その意味は「和の心は良酒を醸し、良酒は和の心を醸す」という意味だそうです。そんな風土が生み出した日本酒で今宵一献なんていかがでしょうか?

※お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁じられています。

「ふくしまの酒」をもっと知りたい!

あなたも「ふくしまの酒」を飲んでみたり、買ってみたり、もっとおいしさの秘密を知ってみませんか?



日本橋ふくしま館-MIDETTE-


日本橋ふくしま館-MIDETTE-

日本橋にある福島県の首都圏情報発信拠点です。愛称の「MIDETTE」には「見てね、来てみてね」という「お誘いの気持ち」を福島県の方言的に表現しています。
【所在地】
東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1階
【営業時間】
平日 10:30-20:00/土日祝日 11:00-18:00
【URL(外部リンク)】
https://midette.com/



福島県観光物産館


福島県観光物産館

福島県のお土産を購入するならここ!
県内各地の名産品や工芸品の販売、観光情報の発信等を行っています。
【所在地】
福島市三河南町1番20号 コラッセふくしま1階
【営業時間】
9:30~19:00(年中無休)
【URL(外部リンク)】
https://www.tif.ne.jp/bussan/bussankan/



福島県観光物産館 大阪サテライトショップ


福島県観光物産館 大阪サテライトショップ

大阪駅前にある福島県の情報発信拠点です。福島県の観光情報や移住情報などをお届けしています。「ふくしまの酒」やお酒のおともも販売しています。
【所在地】
大阪市北区梅田1-3-1-900号 大阪駅前第1ビル9階
【営業時間】
平日 9:00~17:30
(土日祝、年末年始は定休)
【URL(外部リンク)】
https://www.facebook.com/福島県観光物産館大阪サテライトショップ-1949737101983372/



摺上亭大鳥 日本酒Bar 香林


摺上亭大鳥 日本酒Bar 香林

福島県内の全酒蔵の日本酒を取り揃えました。 日本一美味しい「ふくしまの酒」を「最適なアテ」と「最適な酒器」で、新たな美酒体験をお楽しみください。
【所在地】
福島市飯坂町中ノ内24-3
【営業時間】
17:00~24:00 ※20:00以降はカラオケバーとの併用
【URL(外部リンク)】
https://www.surikamiteiohtori.com/



日本一のふくしまの酒 福の酒


日本一のふくしまの酒

おいしい福島県の日本酒を味わえる東京都内等のお店の紹介のほか、酒イベント情報を発信しています。
たくさんある福島県の酒の魅力を余すことなくまとめたボリュームたっぷりのガイド、せっかくなら旅行で訪れてみたいという方に便利な福島県の酒蔵マップなども盛りだくさんで紹介しています。

【URL(外部リンク)】
https://www.fukunosake.com/



Fukushima Sake Story


Fukushima Sake Story

「ふくしまの酒」の魅力を国内外に発信するため、PR動画やニューヨークでの取扱店などの情報を公開しています。福島県出身の主人公レイコとふくしまの酒が織りなす心温まるショートフィルム「NASAKE」や圧倒的臨場感で送る福島県の自然風景と酒造りの様子をテーマとした動画は必見!

【URL(外部リンク)】
https://fukushima-sake.com/ja/

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。