人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

2018年はイチゴ狩りからスタート

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
2018年はイチゴ狩りからスタートの写真

宮城県山元町の「食べる宝石」ミガキイチゴを栽培している「ICHIGO WORLD」を訪ねました。
「ICHIGO WORLD」は、常磐自動車道 山元インターから、車で約5分の場所にあります。
ミガキイチゴは、産地から製法、流通まで一貫したブランド管理を行い、「食べる宝石」がコンセプト。

イチゴ狩りを一足早く体験

ミガキイチゴを贅沢に堪能できるイチゴ狩りが、いよいよ1月2日からスタートします!
ひと足早く、ミガキイチゴアンバサダー女子達が、イチゴ狩り体験。
ICHIGO WORLDの中に入った瞬間に、農場内の綺麗さに感動。
明るい光が差し込んで、イチゴの一粒一粒が、まさに宝石のように美しく輝いていました。
イチゴ狩りの写真
職人の技とITを融合した最先端施設園芸により、甘酸っぱくて美味しいイチゴをいつでも安定的に食べられるのが特徴です。
ミガキイチゴの写真
「ICHIGO WORLD」を運営している農業生産法人 株式会社GRAで、広報およびイチゴ狩りを担当している越智はるかさんから、耳よりな情報を聞いてきました。
広報担当者の写真
「イチゴ狩りは、春休みやゴールデンウィークの時期が定番ですが、実は、一番美味しいのは1月~2月頃です。夏から冬の間に温存されてきたイチゴパワーが一気に開花するタイミングです。この時期は、いつもに増してジューシーで甘酸っぱい魅惑的なイチゴに会うことができますよ。」と、越智さんの笑顔が印象的でした。

「ICHIGO WORLD」の魅力

ICHIGO WORLDでは、土に汚れることを気にしなくて良いのが、何とも嬉しいです。
農場というと土をイメージしますが、ここは高設栽培という地面から約1mの高い位置で、立ったままイチゴ狩りを楽しむことが出来ます。ヒールのまま楽しめるので、思い立ったらすぐに行けてしまう気軽さも良いです。

また、選りすぐりのイチゴを、チョコレートファンディングでコーティングするのも、なんとも贅沢!
ICHIGO WORLDだけでできる、欲張り女子向けの楽しみ方です。
チョコレートファンディングの写真
イチゴ狩りのお申し込みは、こちらのWebサイトにて、1週間前から承っています。

*イチゴ狩り会場
住所:宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47
アクセス方法はこちら
面積:2000㎡~4000㎡
収容人数:100名~200名
駐車場:普通車100台、大型バス3台収容可
備考:車いす利用可(事前にお問合わせください)
ミガキイチゴの写真
【関連サイト】
ICHIGO WORLD

お問合せは下記まで:
ミガキイチゴアンバサダープロジェクト:migaki.ichigo.amb@gmail.com

(執筆・提供:ミガキイチゴアンバサダープロジェクト)

ストア紹介

ミガキイチゴストア

ミガキイチゴストアの写真
宮城県山元町のイチゴブランド「ミガキイチゴ」の公式ストア

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。