エルマの読みもの

宮城県・イグナルファームが作る「完熟いちご」

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
宮城県・イグナルファームが作る「完熟いちご」の写真

今まさに全国各地で旬を迎えている「いちご」。
宮城県東松島市で「素晴らしいいちごを作る熱き男たちの生産者集団がいる」そんなうわさを聞きつけ、「イグナルファーム」を訪れました。

私たちが訪れた2月5日は朝から雪が!
こんな寒い地域でどのようにいちご作りをしているのかと、いちご産地初訪問のスタッフたちは、おのずとテンションがあがり、厳しい寒さの中でもハウスへ向かう足取りは軽いです!

いざハウスの中へ!

イグナルファームに到着してすぐに案内されたのは、真っ赤ないちごがずらりと並ぶハウスの中。そして、ハウスの中に入ると、いちごの甘い香りとかわいらしいいちごの花々が!
いちご好きのスタッフたちのテンションも最高潮になると同時に、代表佐藤さんが登場! ハウス内を案内してくださいました。収穫シーズン真っただ中の繁忙期にもかかわらず、にこやかな表情と優しい口調で丁寧に解説してくださります。

このイグナルファーム、設立は2012年10月。全ては2011年3月11日に発生した東日本大震災がきっかけでした。
「震災で大切な家族・友人を失った人たちを自分たちが作るおいしいいちごで元気にしたい。」
「宮城県の農業をもっとよくしたい。」その思いの元、立ち上がったと当時のことを佐藤さんは語ります。

完熟にこだわった真っ赤になったいちごのみを収穫

イグナルファームが最もこだわっているのは、収穫するいちごが「完熟であること」です。
通常市場などを通してスーパーで販売されるいちごは流通に耐えられるように、まだ実が青い状態のもので収穫されるのがほとんどですが、イグナルファームは通常極めて流通が難しいとされる完熟品にこだわっているのです。

他の青果物と比較し実がやわらかく傷みやすい繊細ないちごにとって、完熟したものを流通にのせるというのは非常にリスクが高いのですが、イグナルファームでは収穫後の選果、包装・梱包などに作業時に配慮し、できる限り傷みの少ない状態でお客様の元へ完熟いちごをお届けできるよう業務フローを構築。
今では、イグナルファームの完熟いちごは多くの人を魅了し、年間約6トン以上ものいちごを生産されています。

通常では地元でしか味わうことのできない「完熟いちご」を全国の方へ届けられる背景には、なみなみならぬ情熱があるのです。
「作り手もお客様も、ともに“いぐなる”(東北地方の方言で「良くなる」の意味)関係を築くことが、イグナルファームのネーミングの由来なんです。」そう照れくさそうに話される佐藤さん。
作り手の強い思いは素晴らしいおいしさの完熟いちごを生み出し、食べた人を必ず笑顔にしてしまうのです。

とちおとめ、もういっこの試食をする中、おもむろに目をやったハウスの先には、なんと新品種のいちごが・・・・・・偶然にもスタッフは発見してしまったのです!

新品種いちご「よつぼし」を発見!

ここ最近では新品種のいちご栽培にも力を注いでいるというイグナルファーム。
ハウスの中には都内某有名カフェ向けに提供している「よつぼし」や宮城県より依頼を受け栽培している、まだ名もなき品種のいちごたちの姿がちらほら・・・・・・。

実際に「よつぼし」を試食すると、果肉はかたすぎずやわらかすぎず、ちょうどよく、酸と糖のバランスに優れ、食味はまさに星四つをつけたくなる程! 円錐型の見た目やカットした際の断面図の美しさも素晴らしいものがあります!

新しい品種の栽培も積極的に行う佐藤さんは「宮城の気候で作りやすい品種をもっと見つけたい」とおっしゃいます。2008年に品種登録された宮城のオリジナルいちご「もういっこ」に続く、さらなる新品種の登場を期待して、今から心が躍ります!

見た目はイマイチでも、味は抜群! ぶさいくちゃんいちご

さらに、ハウスの中を進んでいくと、何やらぼこぼこしたいちごも発見。どうやら受粉の際にうまくいかず、生育中に見た目が美しく育たたないものだそうです。

栽培しているものの1割程度、どうしてもできてしまうのがこちらのいちご。
見た目が悪いということで、通常販売はしていないという規格外品です。

ただ、実際に食べてみても味は正規のものとほぼ変わらず・・・・・・。

見た目がちょっとぶさいくというだけで正当な価値が付かないことに心が痛んでしまいます。こういった生産者さんの抱えるリアルな悩みが聞けるのも現地取材ならでは。今後の青果物への取り組みの課題としていくこととなりました。

食材の多様的魅力を伝える動画クリエーター集団Tasty Japanとコラボ

実は今回の取材にはもう一組同行してくださった方々が・・・・・・。
それは、現在動画レシピで人気のクリエーター集団Tasty Japanです!!

イグナルファームのいちごの魅力をレシピ動画とともに伝える今回のコラボ企画。
いちごハウスでも、のりのりで撮影スタート!続々と各カットの撮影をこなされていきます。
農家での収穫風景、検品風景、梱包作業と手順を次々に撮影した後は、
スタジオで実際にイグナルファームのいちごを使用したレシピ動画の撮影へと続きます。
実は別日のスタジオでの撮影にも参加していた私たち。Tasty Japanのクリエイターとしてのプロ魂に圧倒されてしまいました・・・・・・。
果たしてどんな出来に仕上がるのでしょうか・・・・・・完成動画は下記Tasty Japanのリンクよりご覧ください! お楽しみに!

【関連リンク】
イグナルファームのいちごを使った「しましまロールケーキ」
https://www.youtube.com/watch?v=VXM9CbhSsGs

(執筆・提供:株式会社食文化)

ストア紹介

うめぇべっちゃ東北

うめぇべっちゃ東北の写真

人物紹介

Tasty Japanの写真

Tasty Japan

フォトジェニックなスイーツや親子で作るレシピが人気、世界一のフードメディア・Tasty日本版。「見て幸せ、作って楽しい」そんな料理動画をお届けします。