人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

「エールマーケットマルシェ with 築地市場ドットコム」を開催

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
「エールマーケットマルシェ with 築地市場ドットコム」を開催の写真
震災から7年経った「今」もエールを送ります。

2年、3年、4年と時が流れ、未来への希望の光も見えてきました。同時に、薄れゆく人々の記憶。震災から7年経った今だからこそ伝える、7年前に起きたこの事実を伝え続けることに価値があります。
東北からエールを送る。全国の皆さんもエールを返す。
「買う」は応援になります。

2018年3月10・11日の2日間、東京のららぽーと豊洲で開かれた「エールマーケットマルシェ with 築地市場ドットコム」の様子をレポートします。
ホヤぼーや
2017年の東京・日本橋に続き、エールマーケットマルシェは今回で2回目。2018年のマルシェ会場では、気仙沼で大人気のホヤぼーやがお出迎えしてくれました!
イグナルファームのいちご
「うめぇべっちゃ東北ブース」では、宮城県気仙沼市のイグナルファームのいちご「もういっこ」を販売していました。「もういっこ食べたい」と思うようなあまーいいちご。「いちごはいかがでしょうか~」とスタッフの声が響いていました。
若手桃農家
「献上桃の郷」とよばれる福島県桑折町からは、若手桃農家の羽根田幸将さんが駆けつけてくれました!
おや!?3月なのに、季節はずれの桃を手にしている。。。「本物?」と思いきや、羽根田さんが手作りした食品サンプルとのこと。福島から「桃の楽しさ・美味しさ」を伝えにきてくれました。
「今年も美味しい桃を作ります!期待して待っていてください!」と力強い言葉をいただきました。
三陸の牡蠣販売中
“とびっきりの牡蠣好き”たちと三陸の漁師がつくった、生のままで食べても美味しい三陸の牡蠣も販売中です。
牡蠣フライ
一番美味しい「春牡蠣」を使って作った牡蠣フライです。
大人気で、14時頃には売り切れ。。やっぱり、三陸の牡蠣はおいしい!
スタンプラリー
ららぽーと館内では「スタンプラリー」も実施。
館内4カ所をまわり、スタンプを全て集めると、かわいいいちご断面図シールがプレゼント。子どもたちが喜んでスタンプを集めていました。
いちごシール
シールの4種類のいちごは、気仙沼市のイグナルファームの本物のいちごを使用しています。
宮城県の代表品種の「もういっこ」。みんな大好き「とちおとめ」。知る人ぞ知る、珍しい品種「よつぼし」。そして「あばれちゃん」です。
「あばれちゃん」は、品種名ではありません。いちごが成長し肥大化する時にいちごが変形してしまうことがあるんです。
見た目は“ぶさいく”ですが、味はとても美味しい「いちご」なんですよ。
うめぇべっちゃ東北ブース
「うめぇべっちゃ東北ブース」のいちご販売個数は2日間で420パックほど。
全て完売しました!
ご購入してくださいました皆様、本当にありがとうございました。
無事終了
「エールマーケットマルシェ with 築地市場ドットコム」は無事終了しました。

通常のネット通販「エールマーケット」でも、引き続きエールのバトンをつなぎます。

(執筆・提供:株式会社食文化)

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。