エルマの読みもの

アンテナショップで「いちご狩り」 都内で買える、いちごのご当地グルメ3選

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
アンテナショップで「いちご狩り」 都内で買える、いちごのご当地グルメ3選の写真

こんにちは、ヤフーショッピングのストア「築地市場ドットコム」のTwitterの中の人です。お休みの日はアンテナショップめぐりをしています(地味…)。都内にいながらにして全国各地のおいしい物を買ったり食べたり出来るので、ちょっとした旅行気分を楽しめるのもよいです。定番のご当地グルメはもちろんですが、その時々の旬のものも期間限定で並んでいたりします。

最近はやっぱり、「今が旬」のいちごの商品が目立ちますね。全国各地でオリジナル品種を開発したりブランドを作っていたりするので、いちごって結構、ご当地色が強い食材なのです。そこで、アンテナショップで手に入るいちごのご当地グルメを集めて、スタッフで実食してみました~。

グルテンフリーの体に優しい、いちごの焼きドーナツ(熊本県)

アンテナショップは都内だと新橋~有楽町~東京駅~日本橋あたりに集中しています。まずは有楽町駅からすぐのところにある、熊本県のアンテナショップ、銀座熊本館へ! ゆるキャラ界のトップに君臨する、くまモンが目印のアンテナショップです。熊本で地震があった時は熊本を応援しようというお客様で、アンテナショップの外にまで行列が出来て話題となりました。

くまモンの焼きドーナツ ゆうべにいちご(150円)
余談ですが、熊本県のアンテナショップ内に並んでいる商品の8割か9割には必ずくまモンのイラストが使われていました…くまモンファンにはたまらんな、こりゃ。

使用されているいちごは熊本県のオリジナル品種「ゆうべに」です。Twitterでもご紹介した事があるのですが、ゆうべには、漢字で「熊紅」って書くんですよ。熊本県の「熊」に真っ赤な果肉から「紅」をとっているそうです。2015年にデビューしたばかりの新人さんですが、今年は都内のスーパーでも見かける事が増えて来たように感じます。
じゃーん♪
食べるのをちゅうちょしてしまうキュートさです。思いっきり「くまモーン!」って感じで主張が強すぎ。でもこの焼きドーナツはかわいいだけではありません。熊本県産の米粉と玄米粉を使用しており、グルテンフリーなスイーツとなっているので、アレルギーや原材料が気になる方でも手に取りやすくなっています。焼きドーナツだから油で揚げたものよりは若干ヘルシーなのかな?

ここからは中の人に加えて、ねぎ部長、商品仕入れ責任者のRちゃん、中の人の隣のデスクでお仕事をしているデザイナーTちゃんにも実食レポに参加してもらいましょう。

中の人:開封した瞬間にふわーんといちごの甘い香りが漂って来て、もともとの焼きドーナツの焼き菓子っぽい香りにうまくマッチしているなーと。違和感ないというか。
ねぎ部長:焼きドーナツだからなのかなあ。米粉を使用している割にはそれほどモチモチ感ないけど、ふんわり&しっとりしていて普通に食べやすいね。
中の人:言われないと米粉を使っているとは確かにわからないかも…(笑)。でも逆に言うと、それくらい普通に食べやすいって事でもありますね。
Rちゃん:私は逆に、例えばクリームが中に入っていてしっとりしているか、オールドファッションみたいにガリガリに硬くするか、特徴があってもいいかなって思いました。
中の人:ドーナツなのに穴が無いじゃんと思って、裏返したら普通にあった(笑)。
ねぎ部長:いちごの味も確かにするけど、それよりも単純に焼きドーナツとして普通においしいと思う。
Tちゃん:あと、カワイイですよね。
中の人:くまモン、無条件にカワイイから…。
中の人:気になる断面図はこんな感じです。
ねぎ部長:表面は焼き色がついているからわからなかったけど、意外としっかりピンク色なんだね。いちご色。なんだか和菓子っぽいですねえ、きれいです!
Rちゃん:おいしいしかわいい。でも、焼きドーナツとしてはちょっと普通すぎるかな?という気もするので、ご当地商品としてはもうちょっと工夫が欲しいかも…。

中の人:私はあんまりグルテンフリーとかは気にしていないんですけど、食べるものに気を使っている人には嬉しいおやつかも。
ねぎ部長:こういう焼き菓子って結構、もとの食材の香りとか味とか飛んじゃっている事があると思うんだけど、これはちゃんといちご感が残ってるね。うん、おいしいでーす。
Tちゃん:お値段も買いやすいですし、おやつで普通に食べたいです!

【関連サイト】
銀座熊本館

マツコさんがまとめ買いした、あのミレービスケットにもいちご味があった(高知県)

お次は高知県のアンテナショップ「まるごと高知」へ。実はこの間にも、あちこち別の都道府県のアンテナショップへ立ち寄っているのですが、いちごのご当地グルメが見つからなかったお店は飛ばしています。高知県もあるのかな~、と半信半疑で立ち寄りましたが、意外な事にアッサリと見つかりました。

ミレーサンド いちご風味(398円)
高知県のアンテナショップでは山盛りで販売されている、ミレービスケット。ほんのり甘くて、ほんのり塩味というこのバランスがやみつきになっちゃうんですよねえ。そんなミレービスケットでいちごクリームをサンドしているというお菓子です。

中の人:小分けされているから食べやすいですね。てか、普通にキャラクターがかわいい。
Tちゃん:デザイナーだからどうしても気になるね(笑)。

中の人:そもそも、ミレービスケット自体もおいしいですからね~。この甘じょっぱい的な味わいが昔懐かしくて、何枚でも食べられそう。
ねぎ部長:昔懐かしい、素朴な味わいなんだよね。ミレー、普通にうまい(笑)。この素朴な感じがよい。
Rちゃん:見た目がかわいいだけではなく、ちゃんとおいしいっていうのはご当地グルメの基本ですよね。このミレービスケットではさんでいるいちごのクリーム、柔らかくてフレッシュに近い感じがいいですね。いかにも「加工品」の感じがしないところが、さすが人気のご当地グルメだなあって思います。
中の人:確かに、このいちごのクリーム、すっごい柔らかいんですよー。
Tちゃん:こういうお菓子のクリームってバターっぽいというか脂っこいのが多いんだけど、これはそんなことないですねえ。ミレービスケットの甘じょっぱい味わいとも相性抜群でたまりません。
ねぎ部長:ミレーのおいしさそのままに、いちごのおいしさも上手く合わせてあるなあと思いました。完成度、高いです!
Rちゃん:いちごのクリームが柔らか過ぎてはみ出しちゃうので、一口でパクッといく事をオススメします(笑)。

【関連サイト】
まるごと高知

やめられない、とまらない!人気の柿の種チョコレートにもいちご味!(新潟県)

新潟県のアンテナショップは表参道にあるのですが、東京駅の地下街に全国各地のご当地グルメが集まる「諸国ご当地プラザ」があるので、そちらで購入しました。柿の種と言えば…の、浪速屋さんの「柿チョコシリーズ」のいちご。

柿チョコ いちご(270円)
新潟県のアンテナショップ以外ではデパ地下などでも購入できると思いますが、いちご味はなかなか見かけなかったので発見出来て嬉しかったです!

中の人:お土産でよく貰う印象がある柿の種ですが、いちご味なので買ってみました。
ねぎ部長:ミレービスケットと同様に、定番のご当地グルメ(お土産)のいちごバージョンって感じなんだよね。でもこれ、よく出来ていると思います。なんというか土台となっているお菓子のおいしさはそのままに、いちごの要素をうまくプラスしているというか。ミレーもそうだけど、人気商品を作っているメーカーさんはやっぱり「さすがだな!」って感じ。

Tちゃん:味が嘘っぽくないんですよね。本物のいちごに近いです。甘酸っぱさもちゃんとあるの。柿の種のピリ辛感やチョコの甘さよりも、断然、いちごの甘酸っぱさが強い。
Rちゃん:甘じょっぱい、だけでも十分においしいのに、さらにそこにいちごの甘酸っぱさ(酸味)が加わって味わいが広がっているなあと思います。
中の人:あ、そっか!辛み、甘み、酸味、全部入っているんだ。最強ないちご味(笑)。

Rちゃん:見た目も普通にカワイイですしね。いちごのお菓子って基本、どれもカワイイですよね。女子は絶対、好き。
Tちゃん:とにかくいちごの風味が本当にいいですね。止まらなくなります。
ねぎ部長:柿の種にチョコレートって今では普通なんだけど、やっぱりなんかこう、珍味っぽいというか…クセになる感じ?独特なおいしさがありますね。
中の人:でもこの柿チョコはいちごの味が本物に近いから、高級感があります。
ねぎ部長:お土産品としてもよく出来ているなあ、というレベル。
中の人:いちごのお菓子ってとにかく甘いだけ、っていうのも多いんだけど、甘酸っぱさがあるだけで一気にチープ感がなくなりますね。

Tちゃん:この色合いもすごくきれいだと思った!
Rちゃん:よくある、普通のいちごミルクの色じゃないんですよね。
中の人:ちゃんと(?)まだら模様になっていて、そこがまた高級感があるというか。

ねぎ部長:あると普通に、ずっと食べちゃいそうです(笑)。柿の種としてはもちろんおいしいのだけど、いちごのよさをうまく組み合わせているお菓子だな、と思いました!

まとめ

以上、都内のアンテナショップなどで入手できるいちごのご当地グルメ3選をお届けしましたが、いかがでしたか?
実は中の人、10軒くらいまわったんですが、いちごを使った商品ってなかなか無いんですねえ、ちょっとビックリしました。よくあるのはいちごジャム。そのアンテナショップの都道府県産のいちごを使用しているもの、といういちごジャムですね。最初はいちごジャムの食べ比べをしようかなあと思ったんですけど、ビジュアル的に違いがあまりわからないのでは…と思って却下しました。次に多かったのが今回実食をしたいちごを使ったお菓子です。なかでも、あまおうなどはすでにメジャーないちごなので、パッケージに堂々と「あまおう使用」と書かれている事が多かったですね。

最近では諸国ご当地プラザのように、一か所に全国のおいしいものが集まっているタイプのショップも増えて来ていますので、旅行に出掛ける時間とお金は無いけれど、でも全国各地のおいしいものが食べたーい!時には是非覗いてみてはいかがでしょうか。まだまだ気になるご当地グルメがいっぱいあったので、今後も気になる商品の食べ比べをしてみたいと思います。

(執筆・提供:株式会社食文化)

ストア紹介

うめぇべっちゃ東北

うめぇべっちゃ東北の写真
東北の「うまい!」を厳選してお届け