閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

旬のレシピ!
タケノコを味わうカンタン料理3選

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
<center>旬のレシピ!<br>タケノコを味わうカンタン料理3選</center>の写真

春の味覚の一つ、タケノコは4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩です。今回はタケノコを使った、定番の炊き込みご飯や煮物、バター焼きなどいろいろな料理のレシピをご紹介します。

カンタンその1:ふっくらもっちり「たけのこごはん」

具材を切って、炊飯器に入れるだけ! タケノコの風味と食感がとてもおいしい、タケノコの炊き込みごはんはいかがでしょうか。お好みでキノコや他の具材を入れてみてもいいですし、アレンジは簡単。お手軽炊き込みご飯で春の味を!
※炊飯器は5合炊きを使用しています。噴きこぼれ等に注意してください。

作り方は次のとおりです。



用意するもの(3合分)【調理時間:50分程度】

・タケノコの水煮:150g

・油揚げ:1枚

・にんじん:50g

・白米:2合

・もち米:1合(もち米がない場合は白米に変えることも可能)

・小ねぎ(小口切り):適量

<調味料>
・めんつゆ(2倍濃縮):大さじ2

・白だし:大さじ1(顆粒和風だし大さじ1/2でも代用加納)

・みりん:大さじ1

・ごま油:大さじ1

・水:580ml


作り方

    準備.米は水で洗い、30分以上浸水させ、水気を切っておきます。にんじんは皮を剥いておきます。油揚げは熱湯をかける等して油抜きしておきます。

    1. タケノコの水煮は薄切りにします。にんじんと油揚げは細切りにします。

    2. 炊飯器に、白米、もち米、調味料を入れます。

    3. 2に1を入れたら、炊飯します。

    4. 炊き上がったら、しゃもじで混ぜ合わせ、お好みで小ねぎを散らして完成です。

カンタンその2:子どもも喜ぶ「たけのこのバター醤油焼き」

トースターでできる簡単おつまみ、たけのこのバター醤油焼きです。香ばしいバター醤油の香りが食欲をそそる一品です。タケノコの水煮を使い、下処理が必要ないのでお手軽ですよ。ちょっと違った食べ方をしたい人におすすめ。ぜひ作ってみてください!

作り方は次のとおりです。



用意するもの(2人前)【調理時間:15分程度】

・タケノコの水煮:100g

・有塩バター:10g

・しょうゆ:小さじ1

・パセリ(生):適量


作り方

    準備.パセリは刻んでおきます。有塩バターは小さく切り分けておきます。

    1. タケノコの水煮は縦に薄切りにします。

    2. ボウルに1としょうゆを入れ、混ぜ合わせます。

    3. アルミホイルを敷いた天板に2を並べ、有塩バターをのせ、オーブントースターで3分程焼き色が付くまで焼きます。

    4. お皿に盛り付けパセリをかけたら完成です。

カンタンその3:水煮を使うと、さらに時短「タケノコの土佐煮」

タケノコの水煮を使って簡単に仕上げた土佐煮です。タケノコは柔らかい穂先は大きめに、固い根元は薄く小さく切ることで味の染み込みが均等になります。あとは調味料とともにしばらく煮込むだけで簡単ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

作り方は次のとおりです。



用意するもの(2人前)【調理時間:25分程度】

・タケノコの水煮:150g

<1>水:250ml

<1>顆粒和風だし:小さじ1/2

<1>しょうゆ:大さじ2

<1>みりん:大さじ1.5

<1>砂糖:大さじ1.5

・かつお節:5g

<飾り用菜の花>
・菜の花:2本

・湯:300ml

・塩:小さじ1/2


作り方

  1. タケノコの水煮は長さを半分に切り、穂先の部分は1cm幅のくし切り、根元の部分は5mm幅のいちょう切りにします。

  2. 流水で洗って水気を切ります。

  3. 鍋に<1>を沸かし、2を加えて5分ほど中火で煮ます。

  4. かつお節を加えて弱火で5分ほど煮たら、火を止めて冷まします。

  5. 別の鍋にお湯を、塩を加えて菜の花を2分ほど強火で茹でます。

  6. 4を盛り付けて、水気を切った5を飾ったら完成です。

いかがでしたか? この時期ならでは、春のおいしさを楽しめるタケノコレシピ、チャレンジしてみてください!

このレシピの提供元は



クラシル 料理・レシピ動画サービス

kurashiru


クラシルでは「きちんとおいしく作れる」をコンセプトに、簡単でおいしい料理の作り方をレシピ動画で毎日配信しています。おいしくできますように。

クラシルのサイトはコチラ(外部サイト)

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。