人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

新元号「令和」に味わう縁起物 ~今日は何の日~

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
新元号「令和」に味わう縁起物 ~今日は何の日~の写真

「夏も近く八十八夜」で始まる「茶摘み」の歌をご存じですか?


立春から数えて88日目の5月2日は、茶摘みの最盛期の「八十八夜 (はちじゅうはちや) 」として、お茶文化の振興を図る公益社団法人 日本茶業中央会によって「緑茶の日」と制定されています。


気候も徐々に過ごしやすくなり、年号も新たに「令和」に変わるなど、何かと特別な気分になるこの時期。


ゆっくりと緑茶を飲みながら、家族や友人との時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

八十八夜とは?

日本では古来さまざまな季節を表す言葉が使われてきました。
「立春」や「春分」などに代表する「二十四節気」や、「端午」や「七夕」などの「五節句」の他にも、「雑節」という暦日があります。

その雑節の一つが「八十八夜」で、八十八という数字を組み合わせると「米」になることから、農家にとって重要な日にちとして、人々の暮らしと密接に関わり、季節の変わり目を把握するために利用されてきました。

八十八夜には「まもなく夏がやってくる」という意味も込められていて、この時期を過ぎると、気候が穏やかに安定してきます。
農作物にとって大敵である霜がおりることがなくなることから、「八十八夜の別れ霜」とも呼ばれ、種まきや茶摘みを行う時期の目安として考えられてきました。

八十八夜と茶摘み

「茶摘」という童謡の歌詞から、「八十八夜」=「お茶摘みの時期」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
八十八夜が近くなると、日本各地で茶摘みが始まります。

一番初めに摘まれたお茶は「新茶」と呼ばれていて、長く寒い冬を乗り越えて摘まれた新茶は、その後に摘まれる茶葉よりも香りが高く、栄養価が高い高級茶として扱われています。

また、八十八は、「末広がり」の形で縁起が良いとされる「八」の字が2つ重なることからも、初摘みの新茶は「縁起物」として考えられ、飲むと一年間災いなく過ごせると信じられ、重宝されてきました。

みなさんも、家族や友人の緑茶を楽しみながら、すてきな時間を過ごしてみませんか?
エールマーケットが自信をもってオススメする、八十八夜に堪能したい銘茶と、お茶の魅力を引き出してくれるお茶請けをご紹介します!

人の手によって、がんばって育てられた「がんばっ茶」

静岡県、鹿児島県に次いでお茶の生産量が全国3位のお茶の産地 三重県で生産される「伊勢茶」。
三重県に初めてお茶が伝えられたのは、今から1100年ほど前の延喜年間といわれています。

その歴史ある伊勢茶を人の手で根気よく、手間暇かけて育てたお茶が「がんばっ茶」です。
農薬はもちろんのこと、化学肥料も動物性の有機肥料さえも一切使わず、自然がもつチカラと手作業で栽培されている「がんばっ茶」は、栽培にかかる手間暇から、収穫量は大変少なく、ほとんど市場にも出回っていません。

その希少な「がんばっ茶」の一番茶のみを使用した「初摘み一番煎茶」。
さっぱりとした味わいの中にも、バランスのとれた緑茶ならではの甘みと渋さが口の中に広がり、「ほっと一息」のブレイクタイムのお供にぴったりなお茶です。


人の手によって、がんばって育てられた「がんばっ茶」

国産栗がたっぷり詰まった「国産栗いっぱいのパウンドケーキ」

京都の北部、古くは福知山城の城下町として栄えた福知町にある焼き菓子専門店「足立音衛門」。
栗のもつ自然な素材感を大切にしながら、丹精込めて作られているのが「国産栗いっぱいのパウンドケーキ」です。

その年に国内で収穫、そして加工された国産栗をたくさん使っているパウンドケーキは、どこを切っても栗が見えるというぜいたくさ。
まさに栗そのもののおいしさが堪能できるお菓子です。

しっとりと焼き上がったパウンドケーキには、創業文化元年の老舗「讃岐三谷家」から取り寄せる和三盆を加えることで、ふんわりと自然な甘さに仕上げました。

国産栗の繊細で上品な香りと風味が特徴のパウンドケーキは、和栗の魅力を最大限に引き出した栗好きをもうならせる逸品です。


国産栗いっぱいのパウンドケーキ

お茶がもたらす団欒のひととき

ライフスタイルが変化してきたことによって、お茶の飲み方についてもさまざまなスタイルが登場してきました。

その一方で、家族が団欒し、くつろぐ場所を表す「茶の間」という言葉があるように、今も昔も、お茶のあるところには、人が集まり、会話が生まれます。
コミュニケーションの場に欠かせない存在としてのお茶は、これからもわたしたちにとって、癒し時間を提供してくれるでしょう。

みなさんも、お気に入りも銘茶とお茶請けを用意して、家族や友人と新茶を満喫してみませんか?

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。