閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

横須賀から生まれた
日本の国民食「カレー」に迫る。

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
<center>横須賀から生まれた<br>日本の国民食「カレー」に迫る。</center>の写真

神奈川県横須賀市。1853年にこの地にペリーが来航したことで事実上鎖国体制が崩壊し、日本は近代化への道を歩みはじめました。その後160年の歴史を経て、世界各国から多くの文化が横須賀を通って日本に浸透していくことになります。故に発祥の地が横須賀といわれている食べ物や商品が数多くありますが、カレーはそれらの中でも最も日本になじんだ商品と言えるでしょう。遠く離れたインドで生まれたカレーが、どのようにして日本人の国民食にまで変貌を遂げたのでしょうか。

軍港町として栄え、欧州文化の入口となった横須賀の歴史

まず横須賀ではラッパ山遺跡や堂山遺跡など、数多くの遺跡が見つかっており、およそ2万5千年前から人がすみ始めたということがわかっています。その後港町として少しずつ栄えていき、1600年にリーフデ号の航海士ウィリアム・アダムズが回航し、その後江戸幕府による200年以上に及ぶ鎖国体制の末、ペリー浦賀来航をきっかけに開国し近代化へと進みました。

大正時代に入ると、横須賀鎮守府(ちんじゅふ)が開設され、横須賀は大日本帝国海軍の主要軍港の一つとなり、その跡地に現在の横須賀海軍施設としてアメリカ軍が駐屯しています。このように横須賀は開国以降、海軍のお膝元として発展を遂げる中、カレーをはじめとするさまざまな欧米文化も日本海軍の艦艇に乗り横須賀へ経由で日本全国に浸透していったのです。

横須賀から日本中に広まった欧風カレー

今や国民食になった日本のカレーですが、カレー発祥の地であるインドのカレーと比べると、味も作り方も異なります。

その理由は日本のカレーのルーツがイギリスにあるからだと考えられています。18世紀にインドを植民地化していたイギリスではインドカレーをイギリス人の口に合うように改良し、俗にいう“欧風カレー”が誕生しました。
その後、明治時代になりカレーがイギリスの食卓に定着した頃、日本海軍は西洋式の海軍を作るためにイギリスに出向き、そこで初めて日本人がカレーと対面したといわれています。

カレーは栄養価も高かったことから、軍隊食として海軍艦艇の中で食べるようになり、やがてその文化が横須賀市内に根付き、日本中へ瞬く間にカレーが広がったのです。

横須賀がカレーの街と呼ばれるまでの変遷

海軍での定番食となったカレーですが、その文化は現在の海上自衛隊でも引き継がれています。
海上自衛隊では、外の景色が変わらない長い洋上勤務で曜日感覚が狂うことを防ぐために、各船で毎週金曜日カレーを提供しています。
養生生活では娯楽が少ないということもあってか、自衛隊員にとって金曜日は待ち遠しい1日となり、料理長にとってもカレーは腕の見せ所と各船がオリジナリティーあふれるカレーを提供するようになります。

そんな船上でのカレー文化はいつしか話題を集め、各船が自慢のカレーレシピを飲食店向けに公開したり、それらを市民に振る舞うイベントなども行われました。
そこからカレーで町おこしをしてみようという機運が高まり、市や海上自衛隊はもちろん、商工会までもが手を組み2011年に横須賀はカレーの街宣言をしました。

海軍割烹術参考書を再現した「よこすか海軍カレー」

横須賀市内の各飲食店が、海自カレーや海軍カレーを提供することで、全国のカレーファンや海軍ファンは横須賀のカレーに魅了されていきました。
そこで地元企業の調味商事は全国どこにいてもこのカレーが食べられるように、『海軍割烹(かっぽう)術参考書』(当時海軍で食べられていたカレーのレシピが記載された参考書)を再現したレトルトカレーの製造に着手します。
地元の食材をできる限り使用することで、まちおこしにもつながるようにできあがった「よこすか海軍カレー」はお土産や贈答品に購入する観光客はもちろん、地元のスーパーなどでも爆発的に売れ、現在では10社以上の会社が海軍割烹術参考書を参考にレトルトカレーを製造し販売しています。

そんなレトルト海軍カレーの元祖ともいえる「よこすか海軍カレー」。家で海軍伝統の味を楽しむにはぴったりの商品といえるでしょう。


関連特集はこちら

横須賀特集

「横須賀LOVE」あなたもきっと好きになる

横須賀には魅力的な食べものがいっぱい。
訪ねてみたら、愛のある作り手さんがたくさんいることがわかりました。作り手の愛は食べものをおいしくし、食べる人に伝授する。あなたもきっと好きになる。
さあ、横須賀のひと・こと・ものをひも解いてみましょう!

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。