2018.11.05

あなたの知らない三浦半島! 三崎で見つけた、いいもの、いいところ

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア
あなたの知らない三浦半島!  三崎で見つけた、いいもの、いいところの写真

神奈川県三浦市は有名な「マグロの街」。三崎漁港の最寄り駅·京急三崎口駅では、「三崎マグロ駅」との看板でおもてなし。最近は往復交通費や食事券がついた「まぐろキップ」が人気で、若い人も多く訪れます。マグロは、生マグロがもちろんおすすめ。しかし三浦を訪れると、マグロの多様な食べ方が実感できます。特に注目は、粕漬けと味噌漬け。そしてかわいい手土産など「食」以外の楽しみ方も。東京から近くて便利な漁港で、「マグロ尽くし」をご堪能あれ。次の休みは家族みんなで、都心から近くアクセスのいい三浦へ、さあ出かけましょう!

海の中の魚が見られる! ぶらり、船の旅

ファミリーに大人気の観光船「にじいろさかな号」の写真

ファミリーに大人気の観光船「にじいろさかな号」は、漁港を海側から眺め、そして「水中探検」ができます。 出発後、停泊している大きなマグロ船を通り過ぎ、巨大な城ヶ島大橋をくぐり、風車の見える景色のよい場所に船が止まると、そこは「お魚スポット」。 地下の展望室から多くの魚が観察でき、まさに「水中探検」が楽しめます。 訪問時は、台風の影響で魚は見られませんでしたが、空と海の絶景を楽しむことができました。

マグロとさざえで客を楽しませる店

マグロとさざえで客を楽しませる「さざえや」の写真

三崎港の商業施設「うらり」で、正面入口から入った場所に位置し、大きな売り場面積を持つ店。 三崎で50年以上海の恵みを客に届けてきた老舗で、魚の品ぞろえも豊富です。 お勧めは、ギフトにも最適の本マグロのほか、粕漬けと味噌漬け。 三崎に水揚げされたカジキマグロを特製調理した逸品です。 週末に実施する、店頭でのさざえのつぼ焼きも人気。「買って、食べて、持ち帰って」。多様に楽しめるお店です。

さざえやの商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

元マグロ船頭がブランド化目指すキンメダイ

元マグロ船頭がブランド化目指すキンメダイの写真

25年間マグロ船に乗り、マグロを知り尽した鈴木盛夫さんが、一念発起して開業。 目をつけたのがキンメダイでした。訪問時も、身の厚いキンメダイが、たっぷり到着。 手作りで味噌や塩麹に漬けます。港から徒歩1分の店では、焼いて提供する無料サービスも! 身はやわらかく、ここでしか味わえない体験があります。 「キンメダイを三崎の新たなブランドに」と、鈴木さんは高い志で店を開いています。

公海の商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

貴重な染物屋の、三浦を代表する手土産

三富染物店のオリジナル柄の手ぬぐいの写真

こぢんまりとした染物店だが、観光客がひんぱんに立ち寄る注目の店。 お目当てはオリジナル柄の手ぬぐい。今や三浦を代表する手土産商品になりました。 三富染物店は、「かながわの名産100選」に認定される、県内唯一の大漁旗製造事業者。関東でも数軒しかありません。 しかし最近、大漁旗はインテリアとして贈られる方もいるようです。染付け体験も人気で、若者への認知も確実に広がりつつあります。

三富染物店の商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

三崎の歴史がわかるマグロ御殿で食事

マグロをはじめとした新鮮な魚介の懐石料理が食べられる「豊魚亭」の写真

「三崎マグロ漁」で財をなした人もかつては多く、三浦には「マグロ御殿」がいくつもありました。 三浦を代表するマグロ船主の邸宅だった御殿を料亭としているのが「豊魚亭」です。 マグロをはじめとした新鮮な魚介の懐石料理が食べられます。 必見は大きな庭。滝の水が流れ、池を眺めながらのマグロ料理は格別です。

まぐろを残すなんてもったいない

くろば亭の写真

まぐろ船に乗っていた父から教わった世界各地のまぐろ料理を、まぐろのまち三崎で食べてもらおうとくろば亭を始めたそうです。 まぐろ船の船乗りは、まぐろの売れる部位は食べません。 尾の身、かぶと、かまなどお刺身にならない部分を食べています。 実はこれらの部分も調理次第で絶品の料理となるのです。 その料理を家庭でも楽しんでもらいたくてネットで販売を始めたそうです。

くろば亭の料理の写真

くろば亭の商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

朝市の名物「トロちまき」が三崎の名物に

シーユニオンのトロちまきの写真

三崎では毎週日曜日に朝市を開催しています。 年初の第一日曜日だけ休みで、朝5時に始まって9時に終了してしまう本当の朝市なんです。 その朝市での名物がシーユニオンのトロちまき。 三崎の天然メバチまぐろと横浜中華街名店「重慶飯店」元料理長の秘伝のネギ油がこんなに合うとは。 国産もち米のふんわりモチモチ食感とトロけるまぐろが人気の秘密です。 日本ギフト大賞の神奈川県賞を受賞して、三崎の名物になりました。

シーユニオンの商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

全国でも珍しい白皮マグロが柱。時短も人気

羽床総本店の白皮マグロの写真

白皮マグロの商品が特徴的。 一度のマグロ船の航海で数本しか水揚げされない、非常に希少なマグロ。 漬け魚に適した、上品な味わいです。 「漬」の種類も、味噌漬·粕漬·西京漬と豊富です。 簡単調理の製品も注目。 電子レンジで温めるだけで、味噌漬けや焼き魚が簡単に味わえます。 毎日忙しい働く女性にはうれしい商品です。

羽床総本店の商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

三崎はまぐろ以外に野菜もおいしい

「竜馬とおりょうが愛したかすていら」の写真

山森農園は市街地から離れた海に近い山あいにあり、たくさんの種類の野菜を栽培しています。 神奈川県でいち早くJ-GAPを取得して水質検査、残留農薬の検査を専門機関に依頼して科学的な管理を行い、安心安全の野菜を作っている農家です。 また、障害者の雇用を積極的に進め、働く喜びを分かち合っています。 ここのオススメは人参ジュース。人参嫌いの子供でもゴクゴク飲んでいるそうです。

山森農園の商品を見る > Yahoo!地図で場所を見る >

三浦半島・三崎のお土産 おすすめ商品をご紹介

三崎のいいものはギフトにも最適! 三崎で見つけたいいもの、大切なあの人に贈ってみたくなりますよ。

みんなエシカル! ここで紹介した商品は、地域のお店や事業者が地域を盛り上げるために作った商品です。 地域の名産品、地域の雇用で生み出された商品、地域の経済に貢献する材料を利用しています。 エールマーケットはエシカル消費を応援しています。

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。