人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

key visual

旅を自宅に。

SAGA TRIP PACK▶Yahoo!ショッピング D&DEPARTMENT

     

選べる8つの商品と産地を訪ねるオンライン体験

その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点で選び出し紹介する観光ガイドブック『d design travel』編集部が、佐賀の名産品の中から"佐賀らしさ"を感じる8つの商品を厳選。特別編集号のトラベルガイドを読み、選んだギフトを味わいながら、産地を訪ねるオンライン体験で、その土地の風景を体感する。新しい観光スタイルの旅を、ご自宅にお届けします。
(提供:佐賀県観光連盟)

佐賀らしさを感じる8つの商品

Day3

神埼・佐賀・白石エリア

神埼・佐賀・白石エリア

「尾崎人形」の絵付け体験から、
佐賀ゆかりのクリエイターたちに会いに「パハプス」へ。
佐賀牛に負けない、今人気のローカルブランド「しろいし牛」を食べる。

  • 尾崎人形保存会
    尾崎人形保存会
  • パハプス
    パハプス
  • TOMMY BEEF
    TOMMY BEEF
  • 川島豆腐店 有限会社
    地酒処 山田酒店

歴史ある可愛い〝尾崎焼〞

12世紀末、現・神埼市神埼町尾崎地区―「弘安の役」の際に、元寇の捕虜が、祖国を思い、笛人形を作った。その技術が地元民に伝わり、やがて瓦や火鉢などの焼物が盛んになったという。江戸時代には、幕府への献上品にもなり、田んぼの土を原料にしていた焼物は、「尾崎人形」として今も残る。 九州という土地柄、良くも悪くも外国からの影響を受けやすい。唐津焼や有田焼、そしてこの〝尾崎焼〞もそう。それがどういう歴史をたどって今に残り、伝えられているかが肝心で、「可愛い」以上に、その背景を知ることで、魅力はさらに増すだろう。

今、「尾崎人形」の継承者は、神埼市神埼町尾崎在住の髙栁政廣さんたった一人。700年以上伝わる人形は、2009年に唯一の継承者が亡くなり、当時、アシスタントをしていた経験もあった髙栁さんは、なんと62歳で継いだ。2013年には、鳩笛「テテップゥ」と、今をときめく佐賀ゆかりのクリエイターたちが共演。総勢13名による絵付けの展示を佐賀市の「パハプスギャラリー」が開催。髙栁さんの作る「尾崎人形」は、人を引きつけ、温泉旅館や、干潟名物ムツゴロウにまで発展し、佐賀を代表する〝デザイン土産〞になった。
ちなみに、「パハプス」は、2017年に移転し、ギャラリーとショップとデザイン事務所として進化した。カフェとしても利用できる〝秘密基地〞的な映画館「シアター・シエマ」と合わせて巡りたい。

尾崎人形保存会
佐賀県神埼市神埼町尾崎546
0952-53-0091(工房見学は要予約)

一度途絶えた尾崎焼の人形作りは、尾崎西分地区の「尾崎人形保存会」の手によって再興され、現在は「尾崎人形保存会」の髙栁政廣さんが製作、「佐賀一品堂」の城島正樹さんが製作・販売をサポートしながら、二人三脚で全国各地に届けられている。代々作られてきた作品が飾られている工房は見学も可能。

  • パハプス
  • パハプス 店内
パハプス
佐賀県佐賀市水ヶ江1-2-16
0952-27-6262

オーナーの北島敬明さん・真由美さんが、ギャラリー、ショップ、デザイン事務所を営む店。地元のアーティストをはじめ、県内外、国内外を問わずさまざまなアーティストの作品の展示を行なう。アイデアと刺激が生まれる環境をつくり、佐賀県のクリエイターの交流拠点としてあり続ける場所。

佐賀に伝わる縁起物「尾崎人形」
¥2,981(税・送料込)

700年以上前から神埼市神埼町尾崎西分地区に伝わるといわれる、シンプルなデザインと素朴さが魅力の伝統工芸品「尾崎人形」に、佐賀一品堂の城島正樹さん編集の尾崎人形の歴史を綴った小冊子を添えてお届けします。定番の「鳩笛」、佐賀県の県鳥をモチーフにした「カチガラス」、縁起物の「干支(丑)」からお好きな一つお選びください。

佐賀のつくり手訪問
尾崎人形オンライン工房見学

尾崎人形保存会の髙栁政廣さん、佐賀一品堂の城島正樹さんの工房をオンライン見学。尾崎人形の製作工程や工房の様子を紹介いただき、素朴な郷土玩具の魅力を探ります。

ライブ配信日時:2020年12月5日 15:00-16:00
(ライブ配信日以降は見逃し配信でいつでも視聴できます)

〝佐賀(の)牛〞

「JAグループ佐賀」に所属する農家で飼育された黒毛和種であり、肉質が5等級および4等級の、BMSが7以上を、「佐賀牛」と呼ぶ。そして、それ以下を「佐賀産和牛」。美味しいものに越したことはないが、「ブランド」ではなく、その牛や畜産農家が、どんなストーリーを持ち、何を大事にしているかが、これからの時代には必要だと、僕は思う。
有明海の広い干拓地と、干潟で知られる白石町で育まれる「しろいし牛」と、精肉店「TOMMY BEEF」。ここ数年、佐賀の中でも、特に面白いと聞いた牛の畜産。まずは、その立地。有明海の沿岸にできる産業道路に面して建っていて、近くの道の駅と同様に、新しい観光の拠点にもなる精肉店。

TOMMY BEEF」

  • ロゴ
  • 店内1
  • 店内2
TOMMY BEEF
佐賀県杵島郡白石町福富3806
0952-48-0005

食材豊かな白石町で、牧場直営の精肉店が営むカフェ。「大切に育てた牛たちへの敬意が一番」と、メニューのハンバーガーに使うパテは、オリジナルブランド「白富牛」100パーセントで、卵やパン粉は使わず、つなぎは上質の塩のみ。安心な食材と美味しさで、佐賀の魅力を発信している。

「TOMMY BEEF」は、町の精肉店とは一線を画して、カフェでもあり、バーベキューも楽しめ、月に一度、マルシェを開いてみたり、人がワイワイ集まる変幻自在の場所。実家の牧場を、精肉店という形で継いだ店主の吉原龍樹さんは、義兄でもある、料理人の齋藤秀幸さんと共に、〝新しい精肉店〞を模索し、邁進している。ホルスタイン種と黒毛和種との掛け合わせの「しろいし牛」。有明海のミネラルいっぱいの牧草で育まれたバランスのいい牛肉は、シンプルな味つけでいただこう。「ロールステーキ」や「ビーフマリネ」などの個性的な商品もおすすめ。等級や部位の価値ではなく、「命」と「環境」への敬意がある。名産の「白石れんこん」を使ったフリットも、佐賀ならでは。

佐賀県産「しろいし牛」のおまかせ焼肉セット ハーフ
¥8,737(税・送料込)
購入はこちら
佐賀県産「しろいし牛」のおまかせ焼肉セット フル
¥14,170(税・送料込)
購入はこちら

"Farm to Table=「農場から食卓まで」"という価値観のもと、独自の飼育プログラムで牛を育てる牧場直営の精肉店兼カフェ「TOMMY BEEF」より、旨味のある赤身と脂身のバランスが絶妙な佐賀県白石町の地域ブランド牛「しろいし牛」の希少部位を、オリジナルの調味料と詰め合わせてお届けします。
※写真はイメージです。

TOMMY BEEF 流
美味しいお肉の焼き方講座

「TOMMY BEEF」店主の吉原龍樹さんと料理人の齋藤秀幸さんに、「しろいし牛」の特徴などを伺いながら、お肉を美味しくいただくコツを教えていただきます。

ライブ配信日時:2020年11月29日 17:00-18:00
(ライブ配信日以降は見逃し配信でいつでも視聴できます)

佐賀平野の贈り物

そもそも米どころの佐賀県は、〝日本酒で乾杯〞を推進する条例もあるほどの日本酒県でもある。県の総面積の約3分の1を占める「佐賀平野」では、飯米をはじめ、もち米や酒米が栽培され、有明海から続く大空の下では、黄緑色の農地が遥か遠くまで広がっている。温泉旅館に泊まれば、お米が美味しく、ご飯のお代わりは当たり前。また日本酒も、「鍋島」「七田」「東鶴」「万齢」......佐賀の料理に抜群に合う。そんな日本酒のどの銘柄にも感じた共通の「甘さ」。訊くと、それは「シュガーロード」に関係しているという。江戸時代、砂糖文化が伝わった道から、佐賀県全体に、菓子だけでなく、より甘い料理が好まれ、広がっていった。言われてみれば、九州の醤油は、比較的(特に鹿児島県はずば抜けて)甘い。甘いものには辛口の酒を、という僕の自論は、浅はかで、濃厚な料理には、濃醇な酒が好まれたのだ。
地酒といえば、佐賀市の「地酒処 山田酒店」へ。全国の日本酒も時代とともに変わってきていて、現代は、フレッシュ、フルーティー、そして酸味のある軽やかでワインのような味わいが好まれ、どの酒蔵も趣向を凝らしているという。しかし、24蔵ある佐賀県内の酒蔵で、特に独自の酒造りを守り続けている嬉野市の「瀬頭酒造」と「五町田酒造」。県内の酒米にこだわる前者の代表銘柄は「東長」。独自設計による醸造ラインを持つ後者の代表銘柄は「東一」。共に、東洋の王者を名乗るロングライフな酒蔵から、山田晃史さんお薦めの商品を購入。

地酒処 山田酒店

  • photo1
  • photo2
  • photo3
地酒処 山田酒店
佐賀県佐賀市赤松町7-21
0952-23-5366

「鍋島」、「七田」、「東鶴」などを取り揃える、佐賀の"和酒"専門店。和酒の魅力を熟知する三代目店主・山田晃史さんには、呑み始めの人にも最適な酒選びや、酒の奥深い魅力、佐賀の地酒の真価までを幅広く教えてもらえる。酒と料理がより一層美味しく味わえる、一人一人に合った酒を選んでくれるお店。
(写真は瀬頭酒造)

「地酒処 山田酒店」店主 厳選
「佐賀の酒」セット
¥4,961(税・送料込)

「地酒処 山田酒店」店主の山田晃史さんが、24蔵ある佐賀県内の酒蔵の中から、飲み比べにおすすめの2銘柄を厳選。アルコール度数13度、軽やかでふくらみのある味わいの「東一 純米吟醸 Nero」と、きれいな旨味を追求した「純米吟醸 東長」を組み合わせた、佐賀の酒造りの未来を感じるセットです。

「地酒処 山田酒店」店主 山田晃史さんに教わる
佐賀の酒利き酒講座

地元の日本酒文化を大いに盛り上げている「地酒処 山田酒店」店主の山田晃史さんに、佐賀に根づく日本酒文化や酒造りの今、佐賀の酒の美味しい味わい方、選び方を伺います。

ライブ配信日時:2020年11月27日 19:30-20:30、2021年1月22日 19:30-20:30
(ライブ配信日以降は見逃し配信でいつでも視聴できます)

佐賀に来んしゃい! 佐賀に来んしゃい!

特典 特典

下記、百貨店でも販売しています。

※販売期間は、こちらでご確認ください。

大丸東京店 / 松坂屋名古屋店 / 大丸梅田店 / 大丸福岡天神店 / 佐賀玉屋


下記、Yahoo!ショッピングでも販売しています

Yahoo!ショッピング D&DEPARTMENT

すべての商品を閲覧履歴から削除しますか?

この商品を閲覧履歴から削除しますか?

この商品をお気に入りから削除しますか?

お気に入りに追加しました お気に入り一覧をみる 今後、このメッセージを表示しない

この商品はすでにお気に入りに
登録されています お気に入り一覧をみる

お気に入りは60件以上追加できません 新たにお気に入りを追加する場合は、
すでに登録されているお気に入りを
削除してください
お気に入り一覧をみる

システムエラーが発生しました
しばらく待ってからもう一度お試しください

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。