TOP > 特集一覧 > 東北の秘密のスイーツ リアスのりんごの木

秘密のスイーツ

現地と東北エールマーケットでしか買えない秘密の逸品。

#003リアスのりんごの木

誕生秘話

お世話になった果樹園への感謝の気持ち

リアスのりんごの木

菓子舗サイトウの代表である齋藤社長は、地元気仙沼で長い間菓子店を経営。被災する前年2010年11月には地元のスーパーの経営もスタートさせたばかりでした。新規事業に意気込んでいた中での被災のショックは大きく、全て廃業し引退してしまおうとも考えていました。

被災後、気仙沼新城地区で果樹園を営まれていた吉田ご夫妻のご厚意で、果樹園でりんご栽培のお手伝いをしながら避難生活を送っていました。りんごづくりに携わる中で、たくさんの方々の優しさに触れ、いつまでも落ち込んではいられないという気持ちに変わっていったそうです。お世話になった果樹園のりんごを使用し、再びお菓子をつくりたいという思いが芽生えました。そして「リアスのりんごの木」が考案されました。

おいしさの秘密

果樹園から届いたばかりの新鮮なりんごをまるごと一個使用

リアスのりんごの木

「リアスのりんごの木」で使用されているりんごは果樹園から届いたばかりの新鮮なもの。鮮度抜群のりんごは一晩かけてじっくりと煮込まれ、甘味と酸味、食感を残して仕上げられます。そのりんごを芯として、周りにバームクーヘン生地が重ねられています。

生地に入れる卵は、通常のバームクーヘンのつくり方だと黄身も白身も一緒に混ぜ合わせるそうですが、ふわっとした食感を追求するために、ふわっとした食感を追求するために別々に混ぜているそうです。そして、熟練の職人技で火加減を見極めながら、一時間以上かけて丁寧に焼き上げられるため、独特のふわふわ食感が生まれます。

一口食べればりんごのシャキシャキ食感と、生地のふわふわ食感のどちらも楽しめる! それが「リアスのりんごの木」の一番の魅力です! さらに、煮込んだりんごはすり潰し、バームクーヘンの生地にも練りこまれるため、りんご本来の味をとことん楽しめます。

とっておきの秘訣

ぜひご家族や大切な方とおいしさをシェアして!

オーブンで軽く焼き薄くスライスし、バニラのアイスクリームと一緒に召し上がっていただくのが齋藤社長のオススメの食べ方です。少し熱を加えることで焼きたて感がプラスされ、さらにりんごの風味も増します。もちろんそのままでもおいしくお召し上がりいただけますが、アイスクリームやホイップクリームを添えていただくと、お店で食べるような少しリッチなスイーツに早変わりします。

また、ぜいたくにもまるまる一個のりんごが入っているので、ぜひご家族や大切な方たちと、このおいしさをシェアしながらお召し上がりいただきたいです! 可愛らしい化粧箱に入れてお届けしますので贈りものにもおすすめです!

  • アイスを添えて♪
  • 贈りものにも喜ばれます
  • おやつにぴったり!

その他、秘密のスイーツをみる