閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

いいものを長く大切に使う暮らしにふれる 大阪・京都の旅

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
いいものを長く大切に使う暮らしにふれる 大阪・京都の旅の写真
今回、神山まりあさんが訪れたのは、旅先として人気の大阪・京都。定番のお寺や着物屋さん、町家だけでなく、オーダーメードのTシャツや学生寮をリノベーションしたホテルなど、ものを長く大切に使う暮らしにふれてきました。また雑誌25ansの目利き読者をローカルナビゲーターとして、地元ならではのおススメスポットをご紹介いただきました。

1日目 普段着こそ、オーダーメードで一生モノを手に入れる

最初に訪れたのは、大阪の中崎にある1926年創業、老舗の三恵メリヤス株式会社。新ブランド「EIJI」では、定番のTシャツを購入することも、自分好みのTシャツをオーダーメードすることもできます。

素材にこだわるまりあさんも思わず笑顔に

EIJIの人気商品『透けない白Tシャツ』を試着したまりあさんは、「クセになるやわらかさ!」と思わず笑顔に。このやわらかさと透けない理由は、オーガニックコットンのアルティメイトピマの細い糸を密度濃く編み込むから。

写真左側がEIJIで使っているもの。柔らかさが全然違う

「じつは大阪は一大繊維産地。その中で三恵メリヤスをはじめ、多くの長い歴史を持つ企業の技術力が結集したのがEIJIです。糸から縫製まですべてMADE IN 大阪。ここ三恵メリヤスでは、裁断、縫製と最後の仕上げを行います。」と、代表の三木健さん。

EIJIを支える職人でもある専務の尾崎正和さん

まりあさんがオーダーメードで頼んだTシャツは出来上がりしだい、まりあさんのInstagramで紹介される予定なので、お楽しみにしてください。

人気のカフェでおばんざいランチ

梅田から電車ですぐの中崎は、大阪市の中心部の中で運良く空襲の難を避け、戦前の街並みが残っているエリアです。古い建物をリノベーションしたカフェやショップがたくさんあります。そんな中でも人気な「太陽ノ塔」の別館で今回はランチとデザートをいただきました。
ここも街の特徴をいかして、古い建物をリノベーションしてカフェにしています。

ランチも人気ですが、太陽ノ塔はデザートも大人気です。大手ホテルや有名な料理屋さんからも注文が来るほど。

人気は「抹茶プレート」

Webショップ限定のスイーツが販売になるので、お店に行けない方もぜひお楽しみにしてください!

学生寮から生まれ変わったホテルへ

早めに京都へ移動し、まずは「ホテル アンテルーム 京都」へチェックイン。 このホテルは、築23年の学生寮を2011年にホテルとしてリノベーションを行い、今はホテルとレジデンスとして運営をしています。

朝食会場は元食堂、Barは元談話室と、学生寮時代だった面影が至るところに残っています。

チェックインの受付の奥にある棚は、元はなんと「下駄箱」。
アーティストの大山エンリコイサムの壁画がペイントされています。

各部屋も学生寮時代の面影を残しながら、とてもすてきにリノベーションされています。

町家でカラダに優しいイタリアン

京都での夕食は、町家を改装したイタリアンレストラン「クチーナ ナトュラーレ エッフェ」。2018年2月にオープンしたお店は知る人ぞ知る名店。

「今日の料理が明日の身体をつくる」という信条を持っている料理人の藤松俊之さんは、オーガニックな素材にこだわり、時には産地に自ら赴いて、材料を厳選しています。

小松菜のスムージーから始まり、旬の野菜をメインに、グルテンフリーのパスタなど、どの品にもシェフのこだわりが感じられます。

お肉がメインのコース

2日目 朝食ビュッフェで1日のはじまりから気分アップ

宿泊した「ホテル アンテルーム 京都」では朝食が大人気! 日替わりのサンドウィッチやスムージーをはじめ、環境負荷の少ない野菜を扱う野菜提携企業の「坂ノ途中」さんから届く旬の食材をふんだんに使い、季節限定のジャムなど、その時期にしか味わえないメニューが並びます。



静寂の大徳寺大仙院で朝修行!?

朝食後に向かったのは、千利休ゆかりの大徳寺。複数のお寺がある中で、座禅や写経の体験ができる大仙院へ。

まずはまりあさんは座禅を初体験。座禅中は頭を空っぽにして、吐く息の数を数えると自分の心に集中できます。また、目をつぶらず、薄目をあけるくらいがいいそうです。座禅では自ら合掌、お辞儀をしてたたいてもらうことになったまりあさん。その迫力に思わず声がもれていました。

次に行ったのは、写経。大仙院では海外からのお客様も多いため、まずは観音様の絵を写して筆に慣れてから、お経を写します。

静寂の中で集中した時間が過ぎます

次は同じ大徳寺内の大慈院へ移動し、「泉仙」の精進料理をいただきました。食材を余すことなく使用し、さらに米の研ぎ汁も植木の肥料にするなど無駄にするものがなく、ものを大切にする心でつくられています。

どれも素材の味がしっかりと出ています

ここで使用されているおわんは、僧が食物を受けるために用いた鉄鉢をかたどっています。食べ終わるとすべて1つに収納できます。

日にち限定でまりあさんが体験したものに、茶道体験もついたコースのお申込みができます。

自分好みの着物を仕立てる

次に訪れたのは、大徳寺から車で10分ほどの「西村兄妹キモノ店」。呉服店で育った兄妹がもっと若い人にも気軽に着物を着て欲しいという想いから立ち上げました。

じつは前からハレの日用に着物が欲しいと思っていたまりあさん。思い描いていた色の生地に出会い、1枚オーダーされました。気品があり、落ち着いた色を選ばれていたので、出来上がりが楽しみです。

誰でも着物が気軽に楽しめるように、また着物づくりを支える職人さんたちが安定的に仕事ができ、若い職人さんが育つ取り組みとなるよう、布地や着物に好きな柄を入れられ、お手頃な価格でオーダーができる仕組みをつくった西村ヒロカズさん。定期的に着物オーダー会を開催しています。

都会の中でもずっと着られるようなモノトーンの着物など、伝統的な柄からモダンなものまで幅広い取り扱いがあります。東京では、「着物あわせ会」も今後開催予定です。

チーズのようでチーズではないケーキ

次はティータイム。「からだの中からキレイになる」とオーガニックな食材にこだわっている、グルテンフリー&ヴィーガンカフェの「CHOICE」へ。オーナーは医師でもある鈴木晴恵さん。

人気の定番「CHOICE FROMAGE タルト」をいただきました。 カシューナッツをベースに、発酵させた豆乳などを使い、アガベシロップやココナツオイル、カカオバターなどで風味を出しているそうです。

ヴィーガンチーズケーキ 「CHOICE FROMAGE タルト」

自分と家族へのお土産探しSOU・SOUへ

最後に訪れたのは、SOU・SOUのショップ9店舗が集まっている場所へ。
SOU・SOUは、『新しい日本文化の創造』をコンセプトに、伝統的な素材や技法を積極的に用いながらも、現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを展開しています。

訪れたのは、「SOU・SOU足袋」。世界で唯一の国産地下足袋ブランドです。店内には地下足袋をはじめ、タイツ足袋や、足袋下、スリッパ足袋、小物・雑貨など幅広いラインアップが色とりどりに並んでいました。

まりあさんは「SOU・SOU伊勢木綿」で手ぬぐいを、「SOU・SOUわらべぎ」でも息子のディーン君のサイズの服を手にしていました。



神山まりあさんからのメッセージ

2日間にわたり、大阪・京都の旅を満喫したまりあさん。旅をこのように振り返ってくれました。

関西に行くことは多いですが、今回はどこも初めて行きました。いつも行く大阪とは異なる表情が見えた中崎。Tシャツは大好きなので、素材にはとてもこだわっています。「EIJI」のTシャツは家族にも着てもらいたい着心地でした。カフェやホテル、夕飯のお店もすべて古い建物の良さをいかしながら、居心地よく現代的にリノベーションされており、古いものを長く カタチを変えながらも大切に使う心を感じました。また、日本の古き良き伝統の着物を仕立てることができ、この旅をきっかけに日々の生活の中でも、ものを大事に使い続ける暮らしを実践していこうと思います。これから関西に行くときに、家族で訪れたい場所が増えました。

Photo: Koichiro Inomata  Movie: omegane

今回の旅のルート

今回の旅で訪れたスポットの詳細を、地図にてご紹介します。次の旅の参考にしてみては?

大阪・京都でそのほかおすすめのお店やお土産ご紹介

今回はローカルナビゲーターとして、雑誌25ansの目利き読者で大阪・京都在住の方々にたくさんおすすめを教えていただきました! 今回旅では行けなかったお店やおススメのお土産をご紹介します。

大阪

酵素ドレッシクングが見た目もかわいく美味しい!
玄米カフェ実身美 心斎橋

京都

体験やワークショップも可能
せんねん灸

 

日本初のスパークリング専門店 環境に配慮し、紙ストローを採用
スパークリング嵐山

今回のローカルナビゲーターは?

雑誌「25ans」の目利き読者の方にご協力いただきました。

25ansビューティ・メダリスト 頭川展子さん
ブログ(外部リンク)
25ansビューティ・メダリスト 森川一恵さん
ブログ(外部リンク)
25ans エレ女読者 MICHIKOさん
Instagram(外部リンク)
25ansオンライン(外部リンク)
女性月刊誌『25ans(ヴァンサンカン)』の公式サイト。
ファッションや美容の最新ブランドアイテムやショップ情報、世界のプリンセス事情やパーティスナップなど毎日配信中。

まりあさんの「シェアした!」瞬間たち

まりあさんの視点から、大阪・京都の魅力をオフショットにてご紹介します。
#「EIJI」 #肌ざわり最高!
#太陽ノ塔 #レトロ中崎
#クチーナ ナトュラーレ エッフェ
#大仙院 #真剣
#SOU.SOU #息子用
#CHOICE #初めての味

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。