閲覧履歴機能をリリースしました

人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア エールマーケット

エルマの読みもの

今や100色以上?
偶然から生まれた美しさ
「津軽びいどろ」

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
<center>今や100色以上?<br>偶然から生まれた美しさ<br>「津軽びいどろ」</center>の写真

青森県の伝統工芸品として親しまれている「津軽びいどろ」。


色とりどりのガラスには、「春の桜」、「夏の祭り」、「秋の紅葉」、「冬の雪景色」など、日本の豊かな四季彩色が満載。自然の風土や景色に「美」を求める日本古来の豊かな感性が、職人たちの巧みな技術と技法で、ガラスの中に表現されています。

職人の発想が、透明なガラスから100以上の色を生み出した?

津軽びいどろ1
「津軽びいどろ」を作っているのは、1949年創業のガラス工房「北洋硝子」。

かつてはガラスと言えば無色透明がメインで、多くの職人たちが漁具の浮き球を吹いていました。
あるとき、一人の職人がふと思いつき、偶然、青森県津軽半島の、七里長浜の砂を原料に加えてみたのが津軽びいどろの原点と言われています。

それはそれは何とも言えない深みのあるきれいな緑色のガラスが出来上がり、それから青森の豊かな自然をガラスで表現しようと、色づくりに力を入れた北洋硝子の職人たち。

試行錯誤を繰り返して1977年、ついに、津軽びいどろが誕生。今では「津軽に降る美しい雪を表現した白色」、「舞い散る桜をイメージしたピンク色」など100色以上の色を生み出しています。

その昔、浮玉を吹いていた職人たちの技術と、現代の若い職人たちの感性で進化し続けている津軽びいどろ。これからも新色の色ガラスがどんどん作り出されると思うとちょっとワクワクしてきませんか?

紀元前一世紀頃から受け継がれる伝統技法「宙吹き(ちゅうぶき)」

津軽びいどろ2
津軽びいどろを作るのに、多く使われる「宙吹き」という技法。なんと紀元前1世紀ころから受け継がれているというから驚きです。型を使わずに、空中で竿(さお)をくるくる回しながらガラスを吹く技法で、自由自在にガラスが形づくられていく様子はまるで、魔法を見ているよう。

吹き加減と回すスピードの調整はとても難しく、習得するには、数十年の経験だけでなく、天性の才能も不可欠といわれています。
熟練の職人の感覚・センス・その時の気温などいろいろな条件から生まれる作品は、まさに世界に一つの逸品。

柔らかいガラス自身に働く重力と、それが垂れないように職人が竿を回すわずかな遠心力で作られる宙吹きの器。型にははめず自然の力を使うので、それぞれ微妙に形が違います。

とろりと流れ落ちるようなガラスの質感は、型吹きにはない「手作り感」があり、柔らかな手触りがバツグンに心地良い! 手にした瞬間、職人たちの匠な技と心意気も伝わってきて、思わず感動するでしょう。

ガラスの素材を活かす柔らかなデザインとあたたかい質感

津軽びいどろ3
津軽びいどろのフォルムはぽってりと分厚め。ガラスが持つ、独特のあたたかい質感と、手作りならではの柔らかい形がしっくりと手になじみ、どこか懐かしく、私たち日本人の暮らしや空間にスッと入り込んできます。色とりどりのかわいらしい器はインテリアとしても活躍してくれます。

日本酒を注ぐと、キラキラと光が揺れるように見えるのも魅力のひとつ。美しい日本の四季の移ろいを眺めながら、ちょっとぜいたくな晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介した「津軽びいどろ」です

津軽の自然を詰め込んだ「五様ミニグラス」
・津軽の自然を詰め込んだ「五様ミニグラス」
黄金色に輝く空をイメージした「黄金空」。ねぶた祭りの鮮やかさを8色で表した「ねぶた流し」。夏のひとときを優しく包み込んでくれるような「夕涼み」。朝露が宝石のように輝く「朝の露」、桜の花びらのようなピンク色がかわいらしい「春の宵」。
自然の風景を5つの盃(さかずき)に表現した、グラスセットは、贈り物にもぴったり。

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。