TOP > 特集一覧 > 東北の旬を食す カキ レシピ03 カキの海藻蒸し

旬を食す 牡蠣

カキの海藻蒸し

材料

  • カキ 1缶(16個)
  • ワカメ たっぷり2つかみ(塩蔵品、または乾燥)
  • 酒 2分の1カップ 
  • 水 2分の1カップ

作り方(調理時間:10分 ※戻し時間を除く)

  1. 1. ワカメの下ごしらえをします。塩蔵品なら表面の塩を洗い流し、ボウルの水に3分ほどつけて塩を抜きます。乾燥品ならたっぷりの水に10分ほど漬けて戻し、引きあげてから硬い部分(茎)をとりのぞきます。
  2. 2. 缶(もしくは鍋)に入った殻付きのカキの上にワカメをのせ、分量の酒、水を注ぎフタをして火にかけます。穴や鍋蓋のすき間から蒸気がでてきたら弱火に落とし、10分ほどかけて蒸し上げます。
  3. 3. 10分経ったら火を止め、殻が熱いので軍手などをはめて注意しながら殻を開けます。

ポイント

カキから出た蒸し汁にワカメを浸しながら一緒に食べます。塩気が強ければ出汁(分量外)で割ってもおいしいです。ワカメは三陸産でぜひ。

カキを使ったとっておき料理

  • カキの昆布焼き

  • カキとムール貝のスペイン風雑炊

  • カキの海藻蒸し

  • レンジ蒸しカキのマリネ

  • カキの白味噌鍋

レシピ:「Traveling Food Labo」監修