CITY OF KITAKYUSHU ロゴ

エシカル×わたし

パリ、ストックホルム、シカゴと共に選ばれたアジアで初の環境モデル都市から学ぶ、自然と私に心地よい暮らしとは(提供:北九州市)

エシカルに暮らす3つの知恵

  • twitterでこのページをシェア
  • facebookでこのページをシェア
  • LINEでこのページをシェア
「エシカル×わたし」のテーマである「エシカル」とは?
その意味まではきちんと言えない人が大半なのではないでしょうか。今回は、テーマを「エシカル」としたエールマーケットリニューアルパーティーから学んだ、日々の暮らしにエシカルを取り入れる3つの知恵をお伝えします。
おうちでできるアレンジも紹介しています!

そもそもエシカルとは

末吉里花

人・社会・地球環境・地域に配慮した考え方や行動のことです。
その中で「エシカル消費」に注目をしています。
どんな人でも消費者です。
今日から、明日から誰でも世界を変える一端を担える
一番身近な社会貢献です。
影響を、しっかりと、カル考えると覚えてください。

一般社団法人エシカル協会(外部リンク) 代表理事 末吉里花

知恵1

つかえる自然が近くにある!

今回パーティーのドレスコードは「エシカル」を1つでも取り入れること。
みなさんのエシカルポイントを伺いました。

  • ジーンズの切れ端でつくった髪留
    ジーンズの切れ端でつくった髪留
  • アップサイクルのプルタブでつくったバッグ
    アップサイクルの
    プルタブでつくったバッグ
  • 祖母から受け継いだ指輪
    祖母から受け継いだ
    指輪
  • 国産の結城紬の振袖帯は伝統工芸
    国産の結城紬(ゆうきつむぎ)
    の振袖帯は伝統工芸
  • 東ティモールの民族衣装
    東ティモールの
    民族衣装
  • 古着の柔道着を藍染でリサイクル
    古着の柔道着を藍染
    (あい染め)でリサイクル
エシカルポイントを載せたボード
																							の画像

参加のみなさんの装いとエシカルポイントを載せたボード。

知恵2

知恵で取り入れる

うどん屋の店員さんの画像
  • 今回パーティーでのコースメニューは
  • 「国産」「有機」などにこだわった
  • メニューとなっていました。
  • その中でも目を引いたのが、メインのお肉の付け合わせ
  • 「人参の皮チップ」
  • パリパリとした食感でみなさん笑顔に。
かき揚げうどんの画像
  • さらにデザート前には
  • 同じく人参の皮や、
  • セロリの葉など
  • 日ごろ食べきれない野菜の
  • 「のこり」をつかったかき揚げが
  • うどんとともに登場しました。

実際にエシカルコースを調理されたシェフの方は

普段、香味野菜の切れ端などは、スープの臭み消しとして使用していました。
今回、「食べる側」にしてみて発見がありました。
皮はうまみがあり、食感を生かすために80度のオープンで
ゆっくり水分を飛ばしています。
赤坂プリンスクラシックハウス シェフ 中谷累さん

知恵3

テーブルコーディネートに取り入れる

ここからは家庭でできるテーブルコーディネートもご紹介します。

画像:テーブルコーディネートとごちそう
  • 家にあるリネンをテーブルクロスにして、
  • 同じ色合いのお皿でそろえることでまとまりを。
  • さらに高さを変えることで立体感が出てきます。
  • 庭でとれた草花を並べると華やかです。
  • 箸置きも葉っぱでそろえて。
  • 家にあるリネンをテーブルクロスにして、同じ色合いのお皿でそろえることで
  • まとまりを。さらに高さを変えることで立体感が出てきます。
  • 庭でとれた草花を並べると華やかです。箸置きも葉っぱでそろえて。

パーティーではエシカルな飾りも。

  • エシカルな飾り1
    庭でとれるローズマリーを
    さした席札
  • エシカルな飾り2
    洋書とスワッグで
    つくったボード

番外編 エシカルパーティどうだった?

パーティ集合写真1
  • 「エールマーケット」ロゴの生みの親でアート
  • ディレクターの千原徹也さん(写真左から2人目)は、
  • コーヒー豆の袋を再利用したパンツをはかれて
  • いました。これには会場からも驚きの声が!
  • また、モデルでエルマスタイルにもご出演
  • されている神山まりあさん(写真右から3人目)は、
  • ファッション業界でトレンドとなっている
  • 「エコファー」をお持ちいただきました!
パーティ集合写真2
  • さらに参加のみなさまに「エシカル消費」について
  • 感想を聞いたところ、「ママとしても子どもと
  • 一緒にマイエシカルにつなげられたら」「自分が
  • やっていたことの中にもエシカル消費があったことが
  • わかりました」「私自身も、少しずつ、自分らしく
  • 『思いやりの輪』を広げていきたいと思います」
  • など笑顔でこたえてくださいました。
画像:パーティ集合写真3

編集後記

今回、「エシカル」をテーマとしたパーティーに登場した北九州市のソウルフード「資さんうどん」(外部リンク)
この出汁がしっかりした独特の甘い汁は、どんな残りもの野菜にもぴったり合うので、 まさにエシカルにいただける1品です。
さらに今回3本の記事を通して、エシカルな暮らしはとても身近なことから始められると感じました。
そして北九州市の企業(シャボン玉石けん、雪文、資さんなど)や 北九州市での暮らし、そして行政の取り組みすべてが「エシカル」に通じると思いました。

岩田課長の画像

エールマーケットが全国のエシカルな商品を発信していくにあたり、
日本政府より環境モデル都市として選定されている北九州市が、
第一弾の連携都市として決定しました。
そのご縁で乾杯のあいさつは北九州市都市ブランド戦略担当課長
岩田健さんに行っていただきました。

きたい!きゅうしゅう

北九州市は経済協力開発機構(OECD)によって、平成23年6月、OECDが取り組む「グリーンシティ・プログラム」で、グリーン成長に関するモデル都市として、パリ、シカゴ、ストックホルムとともに、アジアで初めて選定されました。また、平成30年4月には同機構より、持続可能な開発目標として国連が定めた「SDGs」を推進する世界のモデル都市としてアジアで初めて選定されました。環境に優しい街は、「市」としてエシカルを取り組まれています。

3つの知恵を教えてくれた人

みつはしあやこの画像

みつはしあやこテキスト

http://mitsuhashiayako.com/(外部リンク)
食の心持ちを子供自らが育む集いの場「和食育こころ」主宰。
よこはま100人のひとしずく 手前味噌プロジェクト、神奈川県庁ME-BYO(未病)スタイルアンバサダー、企業のレシピ開発などで活躍。また近年は、県や市などから食に関する講演依頼を受けるなど、多岐にわたり、食の大切さを伝える活動を行っている。企業や個人からのケータリングなども請け負っている。

どこにでもあるものより、なかなかないもの。
太陽の香りがしたり、人の手の温度を感じる。
大事に生まれたものは、大事にしたくなるものです。
そうだ。こだわりは、ごちそうなんだと思う。
もっと知ってほしいもの、あなたに届けたいもの、見つけました。
好きって、エールなのかもしれません。